投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2008年08月31日

仕事を選べる幸せ

ポルトノボに来てからも、サッカーを始めました。
先週は友達に誘われ、今日は隣の小学校で。

それにしても子どもたちのボールに対する執着心がすごい。
サッカーが大好きだけど、ボールがなくてできなかった子どもたち。
自分が持ってきたボールを見ると、目の色が変わりました。

面白いもので、小学生から大学を卒業した人まで一緒にサッカーをするんです。
そして一番小さい子が混ぜてもらえず、いじけて喧嘩が始まります。
大きな石を持って投げ合います・・・。
初めて見たのでとてもびっくりしましたが、こっちでは日常茶飯事のようです。
でもこのように兄弟や地域の子どもたちの中に社会が成り立っていて、それを通して学んでいくのだなということがよく分かります。

そしてサッカーをしている時に、大学を卒業した人と話をしていたときのこと。

自分「今何年生なの?」
相手「もう卒業したよ。」
自分「仕事は?」
相手「まだ決まってないんだ。」
自分「どんな仕事がやりたいの?」
相手「誰が仕事をくれるっていうの?仕事がないよ。」

大学を卒業しても仕事に就くことができないという現実。
日本の就職難とはわけが違う。
自分で仕事を選べる自由があるということは、当たり前のようでとても幸せなことなのかもしれません。

そして就職をしても給料が少なかったり、支払われないということがよくあります。

友達になった小学校の先生の給料は1か月約3万フラン(約7500円)。
家賃と電気代や水道代で半分がなくなるらしいです。
「教えることは好きだけど、これから結婚することを考えると生活していけないから、もっと給料の良い仕事を探しているんだ。」と言います。
健康センターはもう1か月以上ストライキをしています。
自分が勤める教育省でも、昨年は給料の未払いでストライキがあったそうです。

日本で当たり前のことが、当たり前でない現実。
でもこれが世界中にたくさんある途上国と言われている国の現状です。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

先入観

今日初めてベナン人のお宅へお邪魔した。
ポルトノボに来て初めてできた友達。
小学校の先生。
サッカーが好きで、週末には一緒にサッカーもした。

行ってみると思ったより良い家。
ソファーもテレビもある。
そしてビサップ(飲み物)を買ってきてくれ(冷蔵庫はない)、もてなしてくれた。

その後、2人が出会った場所、野外食堂「sportif」へ。
その途中でたくさんの羊肉やフランスパンを買ってくれた。
そして飲んでいる時も何と自分が払うという。

聞いていた話だとベナン人の多くは「金をくれ!何かくれ!」のはずなのだが・・・。
でも彼によれば、「お金があるときは自分が払う。でもお金がない時は払ってね。」だそうだ。
そして「お金がない時にはこっちからは電話しないよ。」とのこと。

普段の会話の中でよく「お金がない」と言っているのに、どうしてこんなことができるのだろうか?
イスラム教徒だからだろうか?(自分のこれまでの経験上、イスラム教徒の人はみんな親切である。)
トーゴ育ちだからだろうか?(彼はトーゴ人とベナン人のハーフである。)

いづれにしても、お金がなくても「もてなしの心」を持っている人はたくさんいる。
道端を歩いていて、見知らぬ人がビールをおごってくれたりしたこともある。
その時みんなが決まって言うのは「ここは自分たちの国だ。だからこれは歓迎のしるしだ。」という言葉。
おごるということは、日本では簡単でも、収入の低い国では大変なこと。

ベナンという国は派遣開始から3年が経ち、先輩隊員も増えてきた。
そしてたくさんの情報を教えてもらうことができ、とても助かっている。
でも逆にいろいろな話を聞き過ぎると、どうしても先入観が生まれてしまう。
ベナン人は「金をくれ!何かくれ!」が多いというのもそのひとつ。
確かに多いのだけど、そうでない人もたくさんいる。

これから少しずつ自分の中での「ベナン人像」をつくっていきたいと思う。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

バカロレア

今日はバカロレアの合格発表。
バカロレアとは大学入学資格試験。
厳密に言うと違いますが、日本でいう大学入試センター試験のようなものです。

今日掲示板で合格発表があったのですが、実は昨日口頭での発表がありました。
我が家の裏の高校も会場になり発表をしていたのですが、大音量でマイクを使って番号を読み上げ、祭りか!?と思うくらい。
停電によりマイクが使えなくなり、会場が真っ暗になった時なんてすごいものです。
しかもそれが、夜中の12時をまわっても続くのです・・・
日本の感覚では考えられません。

そして今日は同じ会場で掲示での発表。
会場に向かう人はちょっと緊張気味な顔つき。
そして掲示板を見た後は、笑顔と残念そうな顔。
自分の大学入試の時に掲示板を見に行った時のことを思い出しました。

バカロレア.JPG
posted by 赤石 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

Zangbéto(ザンベト)

今日ポルトノボ市内を歩いている時、変な集団に遭遇しました。
何やら、わらのようなものをかぶった人たちが激しく踊り、周りの人たちが金属音を鳴らしているのです。

当然初めて見たのでカメラを出して写真をパシリ。

ザンベト.JPG

するとすごい勢いで子どもと大人、そしてわら人間たちが走り寄ってきたのです!
(手前の子どもたちと奥の大人の仕草と表情に注目!)

相手「○×▽□・・・・・!」
自分「???」
相手「l’argent! l’argent!(金だせ!金だせ!)」
自分「・・・・・・」
相手「Tu comprends le français?(お前フランス語分かるか?)」
自分「Je ne comprends pas! Je ne comprends pas!(分かりません!分かりません!)」


なんだか怖くなって、変な会話をしてしまいました。

何とかその場はそれで済んだから良かったものの、このわら人間は「Zangbéto(ザンベト)」といって、ヴードゥー教のものらしいです。
先輩隊員に聞いた話だと、「死者の魂がわらのなかに入っていて、人間が入っているわけではない。」と現地の人は言うらしい。

ヴードゥー教では写真はNG。
下手をしたらカメラをとられて壊されたりもするらしい。
助かったー。

そしてどうやらこのザンベト、夜の治安を守る番人として夜中に町の中をうろうろしているらしい・・・
現地人でもザンベトの存在を恐れていて、IDカード等を持っていないときは、早く家に帰ったりするらしいです。
想像するだけでも恐ろしや・・・


でも子どもたちにも浸透しているのでしょうか、町の中にはザンベトの真似をしている子どもたちも。

ザンベトごっこ.JPG

子どもたちがやる分にはかわいいのですが、本物はちょっと怖いです。
宗教には注意が必要です。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

祝日

今日は日本の終戦記念日ですが、ベナンではキリスト教関係の祝日。
ということで今日はポルトノボに移動してから初めての休日でした。

町を歩くと、同じ生地で作ったボンバ(ベナンの伝統的衣装)を着ている人たちがたくさん。

初フェット.JPG

会場に入っていくとお酒を飲んだり食事をしたりしながら、食器を鳴らしながら踊っていました。
しばらく見ているとベナン人に、「どうぞ座ってください。」と言われ、食事やビールをごちそうに。

どうやら同じ生地で作ったボンバを着ている人たちは、家族というか仲間同士で、このような祭りの時に食事などを振る舞うことが日常になっているようです。
先輩隊員に聞くと、この同じ生地のボンバは葬式の時にみんなで合わせて作るらしい・・・
日本の葬式では考えられません。

これからベナンの生活の中で、たくさんの驚きが見つけられそうです。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

初出勤

今日は記念すべき初出勤。
仕事時間は8:00〜12:30、15:00〜18:30。
ベナンでは昼休みに家に帰って食事や昼寝をするのが一般的です。
暑い国なので日中仕事にならないからだとも思います。

写真は自分が配属になった教育省中等教育局があるところ。
とてもきれいで一見リゾート地のようにも見えます。

職場外.JPG

そしてここが自分の職場
机も与えてくれました!

職場.JPG

が・・・・・・

今日職場に誰も現れませんでした・・・

大学入学資格試験の採点がある都合なのかもしれませんが、詳しくはよく分かりません。
でもはっきり分かったことは時間がたっぷりあるということ。
そして与えられる仕事はほとんどなく、自分で考えて、動いて仕事をつくり出さないといけません。

まずはじっくり現場を見て、これからどのような活動をしていくか考えていきたいと思います。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

任地へ

今日訓練所から一緒だった16人がそれぞれの任地へ旅立ちました。
配属の際、同じ車に乗っていた同期隊員の任地にも運よく寄ることができました。
任地に配属されてから3か月は、生活場所になじむために任地外移動禁止になっているので、これはとてもラッキー。
ダンボ市というところへ行くことができました。

ダンボ.JPG

写真は同期隊員の職場の前の道。
何もありません。
ただ自分もこういう場所での生活に憧れていたので、とてもうらやましく思いました。
というのも自分の職種は教育系。
教育系の隊員は今のところ全員首都で活動しているのです。

自分の任地はベナンの首都・ポルトノボ。
コトヌーから東に車で30分ほど行ったところにあります。
首都といってもこれまで生活していたコトヌーに比べて、だいぶ落ち着いていて交通量も少なく、かといって物は大体のものが手に入るとても生活しやすい町です。
住居は教育省に配属されている協力隊員が住んでいるところ。

家.JPG

学校のとなりにある教員宿舎のようなところですが、外観だけでなく中もとてもきれいです。

家の中.JPG

この部屋の奥に寝室、仕事部屋があり、アフリカにいるとは思えないような家です。
村に配属になっている隊員たちからすると考えられないほど豪華。
しかも教育省がベット、机を用意していてくれ、またポルトノボの前任者も生活していたため、必要最低限のものは既にそろっています。

これから1年8か月、ここで生活をします。
町の様子などはまた後日報告したいと思います。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

3周年記念イベント

5日から7日までの3日間、1年に2回の隊員総会や交通安全セミナー等がありました。
ベナンにいる全隊員と初めて会うことができ、いろいろな話を聞くことができてとても良い機会になりました。
でも1ヶ月半後にはたくさんの先輩隊員が任期を終えて日本へ。
何だか最近出会いと別れがとても多いです。

そして今日はJICAベナン事務所の3周年記念イベントが国際会議場のようなところで行われました。
内容は挨拶、各活動のブースごとの展示、日本文化紹介、エイズ予防啓発劇、よさこいソーラン節など。
自分たちはまだベナンへ来たばかりで活動をしていないので、展示等をすることができませんでしたが、先輩達の活動の様子を見ることができ、とても刺激になりました。
日本文化の紹介コーナーでは、けん玉や折り紙などの日本の遊びや、着物の試着撮影会などが行われ、とても盛況でした。

文化紹介.JPG

そして数週間前から、足がプルプルするまで練習してきたソーラン節。
多少失敗してしまいましたが、達成感がありとても満足です。
見ていた人たちも「とても良かった」「鳥肌が立った」と言ってくれました。
そして何より練習を通して先輩たちとたくさん話をすることができたというのが大きいと思います。

ちょうど今頃日本の中学校でもソーラン節の練習をしているんだろうな。

ソーラン.JPG

今日初めてベナンの国に日本の国旗が掲げられました。
自分たちは全く実感がないのだけれど、先輩隊員は感無量のようでした。
3年前に初めて1人の協力隊員が派遣され、現在は40名以上。
これまでの経緯を知る先輩たちにとっては記念すべき日だったのかもしれません。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 現地語学訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

体力テスト

今日は宿のとなりの中学校で何やらたくさんの子どもたちが集まっているので様子をのぞいてみることに。
話を聞いてみると、今日はスポーツテストとのこと。

ここぞとばかりにバシバシ写真を撮っていると、学校の先生だと思われる人がすごい勢いで怒鳴りながら近づいてきた。
相手「何やってるんだ?」
自分「写真を撮っています。」
相手「どうして写真を撮ってるんだ?」
自分「駄目なんですか?」
相手「お前は中国人か?韓国人か?」
自分「日本人です。」
相手「どうして写真を撮るんだ?」
自分「自分は日本の教師です。」
相手「小学校か?中学校か?」
自分「中学校です。」
相手「じゃあ撮っていいぞ!」


考えてみたら怒られて当然ですよね。
日本で授業中に体力テストをしているときに、許可なく侵入して、近くから写真を撮ってたんだもん。
でもこんな会話をして何とか許可を得ました。
今日のスポーツテストは中学校のスポーツテストなのです。

種目を見ていると、「100m走」「走り高跳び」「砲丸投げ」そして「体操」です。
すごいと思ったのが「走り高跳びも」「体操」もマットなんて使わないということ。
「走り高跳び」なんて赤色のゴムを跳んだあとは、地面に向かってダイブです!

高跳び.JPG

「体操」もマットがなくても平気で頭を地面につけて倒立します!

体操.JPG

物が手に入りにくいから仕方がないのですが、アフリカの中学生はたくましいです!
でも様子は日本の中、高生とほとんど変わりません。
となりで競技をしている女子を男子が冷やかしたり・・・
そんな男子生徒たちを先生が叱ったり・・・
また先生の目を盗んで何かやったり・・・

見ていて何だか楽しかったです。
それにしてもどのくらいの記録が出ていたのだろう?
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 現地語学訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

たけし日本語学校

今日は調整員の方のお宅へ招待され、久々に豪華な食事をいただきました。
調整員の方にアレルギーになった話をすると、エスカルゴはよくあたるとのこと。
フランスで食べられているエスカルゴとは全く違い、その辺からとっているかたつむりなので、変な菌も多いのかも。
だからたぶん自分は「ベナンのかたつむりアレルギー」。
でも同じものを食べた他の隊員はピンピンしているのになぜ俺だけ・・・

そして夕方から「たけし日本語学校」へ。
そう、ゾマホン氏がベナンにつくった日本語学校です。
今日は日本祭りということで、日本語を勉強してきた成果を発表する場。
自分たちにもその場で是非何かやってもらいたいということで、ソーラン節の練習をしていきました。

行ってみるとたくさんの人。
そして子どもまで日本語で数字を言えたり、歌を歌えたりするのです。
発表も様々で、盆踊り、お茶、コント、歌などさまざま。
ケツメイシの「涙」をラップの部分までしっかりと(音と少しずれてはいましたが・・・)歌うことができていたのにはびっくりしました。

そして日本語学校の教室へ。
日本の教訓のようなものや、生徒たちのおもしろい習字作品がたくさんありました。

習字.JPG

そして今日は設立者のゾマホン氏も出席されていたのです。
話を聞いていると、この日本語学校のおかげで現在20人近くのベナン人が日本に留学することができているとのこと。
ゾマホン氏が日本語学校を作っていなかったら、日本のことを知るベナン人は本当に少なかったのではないかと思います。
それだけでなく、ベナンのために学校設立など大きな貢献をしているゾマホン氏。
本当に偉大なことをしている人だと思いました。

ゾマホン.JPG

みんなの前では笑いをとり、まるで芸人のようなゾマホン氏。しかし個別で、自分が中学校の教員をしていてベナンのことを伝えたいと話すと、真剣に耳を傾けてくれました。

(いろいろな話を聞いたりしているうちに会が終わってしまい、結局ソーラン節を披露することはありませんでした。本番は8/8のJICAベナン事務所3周年記念イベントです。)
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 現地語学訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

アレルギー

実はアラダから帰ってきてから全身がかゆかったんです。
アラダにいる時から少しかゆみは感じていたのですが、何も気にはしていませんでした。
しかし31日、1日とかゆみは増していき、ついに全身に湿しんが出てしまいました・・・

本当は昨日病院に行きたかったのですが、8月1日はベナンの独立記念日で病院も休み。
なので昨夜はかゆいのを我慢し、今日病院へ行ってきました。

フランス語で症状などを伝えられるのか?
ベナンの医療は大丈夫なのか?
いろいろな不安を抱えながら病院へ。

たくさんの人が待っていましたが、思っていたより早く、1時間も経たないうちに受診することができました。
診てくれたのは、ベナン人とフランス人のハーフのイケメン医師とフランス人美人見習い研修医。
自分のつたないフランス語も理解してくれ、とても安心して受診することができました。

結果は予想していたとおり、食べ物からくるアレルギー反応だろうとのこと。
最近食べた普段と違うものといえば・・・


そう、「かたつむり」か「ねずみ」です。

日本では何を食べてもアレルギーなんて出ることはなかったのですが、どうやら自分は「かたつむりアレルギー」か「ねずみアレルギー」のようです。

まあ今後の生活に影響は全くないと思いますが(笑)。

その後会計をして、薬局へ行き、薬を購入。
診察費が15000フラン(約3750円)、薬が2625フラン(約656円)。
診察なんて話をして、血圧を測って、のどを診てもらっただけでこの値段。
普通のベナン人では簡単に払うことができる額ではありません。
保険などがあるのかもしれませんが、自分の後に来たベナン人も同じくらいの額を払っていました。
マラリアになって診察に行った同期隊員に聞くと、30000フラン(約7500円)以上したとのこと。

まだベナンの医療制度などについてはよく分かりませんが、気軽に病院へ行くことができる環境でないことは確かなようです。
今回のアレルギーくらいなら我慢すれば治ると思うのですが、ベナンで多いマラリアは放っておいても治りません。
それどころか、熱帯性マラリアは処置が遅れたら脳性マラリアに転移し、死に至る可能性の高い病気です。
自分たちはお金の心配をすることなく、病院へ行くことができますが、現地の人は治療費を払えなくて病院へ行くことができない人も多いと思います。
それが原因で亡くなる人が多いのも事実です。
医療機関、制度の充実は何よりも優先して行わなければならないことだと思います。

コンプリメ.JPG
1日1錠で1週間分もらいました。7錠入りなのにこのスペースは一体・・・!?
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 現地語学訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。