投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2008年09月07日

ワールドカップへの道

ワールドカップ予選をスタジアムに観に行った。
「ベナンVSアンゴラ」
実は今日の試合はとても重要。
アンゴラとのアウェー戦はベナンの負け。
現在同点で首位にいるが、今日の試合に負けてしまうと首位転落し、残り1試合がルワンダとのアウェー戦。
2次予選進出が厳しくなる。
でももし今日の試合に勝つことができれば、2次予選進出が決定する。

スタジアムに着くとものすごい人、そしてものすごい数のバイク。
入るのに並んでいると警察や憲兵隊が、「携帯に注意して!」と至る所で声をかけている。
携帯の盗難が頻発しているらしい。

ベナン人の友達と一緒に行ったのだが、自分たちのチケットは1000フラン(約250円)の席。
入口が指定されていたのでその入口に行った。
そしたら何と扉が閉まっている!
友達「何で閉まってるんだ?」
警察「観客がもういっぱいなんだ。」
友達「何でだ!このチケットはここの席のやつだろ?」
警察「でももういっぱいなんだ。あっちの扉にまわってくれ!」

納得がいかなかったが違う扉へ。
そうしたら何とそこでも同じ状態!
友達も周りの客も怒りが爆発寸前!
扉の所に3〜4人の警察がいたけど、みんなで力ずくで扉をこじ開け中へ流れ込んだ。
(自分ひとりだったら入れなかったかも・・・)
でもそこは500フラン(約125円)の席。
チケットを買っていてもそこに入れないっていうのはどういうことだ!?
そしてそこでも場所はなかったけど、何とか最前列に場所を見つけて座ることができた。

スタジアムの様子はというと、席という席はなく、コンクリートの階段にみんなが座っている感じ。
そして客席からグラウンドに入れないようにフェンスと有刺鉄線が張ってある。
大切な試合ということもありスタジアムは満員状態。
すさまじい熱気が伝わってきた。

試合が始まると何とベナンがすぐに先制。
会場は大盛り上がりだったが、すぐに1点を返される。
内容はベナン劣勢。
これはあぶないかなと思っていたところで、何とか前半終了。

そうしたらハーフタイム中、ゴール裏になにやら怪しい動きをしている人たちが・・・。

グリグリ.JPG

そう「グリグリ」です。

「グリグリ」とは・・・
ヴードゥー教の儀式のひとつで呪いの一種。
日本でいう呪いのわら人形のようなこともするらしい。
ベナン人は真剣にこれを信じている人が多いらしく、グリグリをかなり恐れているらしい。
かわいい名前とは裏腹に、とっても恐ろしいものなんです。

そういえば前半から、
「裸で数珠のようなものを持ってうろうろしている人」
「白い粉だらけになっている人」
「猿やゴリラのぬいぐるみを持って、天にかざしながら応援をしている人」
いろいろな怪しい人がいた・・・。

でもその効果!?があってか、後半は敵のシュートが2本ポスト、そして点が入ってもオフサイドというラッキーさ。
周りの客に「これはグリグリの効果か?」と聞いてみると、みんな大喜びで「そうだ!」と答えてくれました!

それにしてもホームアドバンテージというものはすごい!
後半アンゴラがゴール裏でアップをしていただけで、すごいブーイング。
袋の水や缶ビールなどいろいろなものが飛んで、警備員がアンゴラ選手を他の場所に追いやった。

相手.JPG

それに対してベナン選手。
アンゴラのユニフォームと同じ色を着て、悠々とゴール裏でアップ。

味方.JPG

大切な国際試合なのにこれでいいのか!?と思ってしまいました。

グリグリの効果があってか、結果は3対2でベナンの勝利!
何とか2次予選進出です。
目指せ、ワールドカップ初出場!

観客.JPG
posted by 赤石 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。