投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2008年09月17日

時間にルーズなベナン人

ベナン人は時間にルーズだ。
待ち合わせをしていても、その時間にはたいてい来ない。
仕事は8時からだけど、8時に行ってもほとんど誰もいない。
ベナン人がルーズなのか、日本人がしっかりしているのか分からないが、これがここでは普通。
他の国の話を聞いていても、時間にルーズだというので、日本人が特別なのかも・・・。

こちらに来た当初、ベナン人に日本人の勤勉さを見せようと、絶対に時間に遅れず来ようと思った。
でも現実として最近職場にたどり着く時間が遅れている・・・。
別に寝坊をしているわけではない。
普通に歩いたら20分かかる道のりを、倍近くの時間をかけて楽しむようになったからだ。

すれ違う人、店を出している人、いろいろな人とあいさつ。
職場までの道のりでいつも待ち構えている子どもたち。
そして現地語であるグン語を教えたがるおばちゃん。

そんなこんなで時間がかかって、最近職場に着くのが8時を過ぎることが多い。
(まあそれでも他の人は来ていないのだが・・・。)
時間がかかるのなら、その分早く家を出ろよ!と思うが、それは日本人的発想なのかもしれない。
そしてそんな空気に軽く流されている・・・。
(これでいいのか?俺!)

でも毎日歩いて、乗り物に乗っていては見られないものを見て、いろいろな人とコミュニケーションをとって・・・。
今の日本人が忘れている豊かさがあるのかもしれない。
そしてそんな毎日がとても心地よく感じている。

シェメンとドナ.JPG

毎朝通り道で待ち構えているガキンチョたち
posted by 赤石 at 23:59| Comment(10) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。