投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2008年09月27日

ナチティングー出張

22日〜27日の間、配属先主催の教員研修視察のため、ナチティングーに行ってきました。

ナチ地図.jpg

ナチティングーまではコトヌーからバスで約9時間。
ボコボコの道も多々ありましたが、ベナンにおいては奇跡的なクーラー付きのバスなので、結構快適な道のりでした。
普段生活している南の方は平地で山などは全くないのですが、北の方に行くにつれ山が見られるようになったり、バオバブの木が見られるなど植生が変わったりし、とても興味深かったです。
到着したナチティングーは山に挟まれ自然がとても美しく、日本の田舎のような感じです。

ナチ.JPG

今回の研修はベナン全国の教員の希望者の中から選ばれた約150人の研修。
年によって行う教科も変わるらしく、自分が参加したSPCT(科学、物理、化学、技術)の教員は20人強でした。
研修は2週間行われ、宿泊費や食費などは国から支給の上、給料まで出るという研修。
そして自分たちの研修視察の目的は、
@配属先主催の全国規模の教員研修の現状を知る。
A来年度の研修に、自分たちの活動を組み込むことができるかどうかを探る。
B全国の教員との関係を作る。
です。

さていよいよ研修に参加。
研修は各教科の講義などだけでなく、全体講義や講演会などもあります。
自分たちはちょうど全体講義から参加したのですが・・・

残念ながら自分はフランス語力不足のため、ほとんど内容が分かりませんでした・・・。
これは教科ごとに分かれた時の講義でも同じこと。
もっと頑張ってフランス語を勉強しないといけないと強く思いました。

ただ幸いなことに、自分が参加したSPCTには講義だけでなく、技能の時間もあります。
というのも、ベナンでは近年指導要領が変わり、生徒中心の授業を行っていこうとしており(今のところ現実はかけ離れているようですが)、SPCTでは黒板を使っての講義ばかりでなく、実験活動を取り入れていこうとしているのです。
実験活動は言葉が多少分からなくても、やっている内容は分かります。
行っていた活動は、グループに分かれて「水位センサーの作成」「卓上ランプの作成」「貨幣天秤の作成」です。
先生たちも実際に手を動かして活動をしたことがあまりないのか、完成した際には本当にうれしそうな笑顔を見ることができました。

ナチ実験.JPG

しかしながら問題もたくさんあります。
これまで自分たちが実験活動などを行ったことがないせいか、応用力がないのです。
例えば・・・
完成したランプをつけていると、ぐるぐる巻きの束になったコードからものすごい熱が発生しました。考えれば原因も分かるようなものですが、こちらがアドバイスをするまで誰一人として分かりませんでした。(さて原因は何でしょう?)

また技能面にも問題があります。
この実技の時間中に煙が3回出て、1回はコンセントから火が噴きました。
これを生徒がいる授業中に行ったと考えると、恐ろしくなってきます。

これまで勉強してきた知識があっても、やはり実技の経験がないと難しいものなのだと痛感しました。
また今後の自分の活動の方向性の参考にもなったような気がします。


そして夕方にはなぜかサッカーが行われました。
そんなことは聞いていなかったので運動する準備など全くしていなかったのですが、自分もSPCTチームとして参加。
何日かかけて予選、トーナメントを行い、決勝戦まで進出しました。
(自分は準決勝と決勝だけ参加)

準決勝までは普通だったのですが、決勝はなぜか本格的。
両チームのためにユニフォームまで借りてきたり、なぜか教育大臣まで見に来たりしました。
そして優勝トロフィーまで用意されていました。
試合前にはセレモニーを行い、お偉いさんのポケットから札束が出てきて、それが賞金になるという。(額はあまり多くありませんでしたが・・・)
ベナン人大盛り上がり。
結果は優勝!
まわりが自分より年上ということもあり、活躍することができました。
おかげで研修中は知らない人からも「TAKUYA!」と呼ばれるようになり、こういう力は本当にすごいなーと思いました。

ナチサッカー.JPG


最後に・・・

研修参加前、予定されていたタイムテーブルを見て、充実した研修だなと感じていました。
しかしながら実際に参加してみると、いろいろな面が見えてくるものです。
例えば「時間」の問題。
予定時間に当然のように講義が始まらない・・・。
8時開始予定なのに、教室が8時半まで開かない・・・。
先生が9時半まで来ない・・・。
始まっても講義の内容がいい加減・・・。

国のお金を使っての研修。
本当にこれでいいのか?

でも今回の研修視察の目的は達成できたような気がする。
研修の現状が分かった。
これから1年間、配属先と打ち合わせをしていけば何かができそう。
そして何より先生たちとのつながりができた。(サッカーのおかげですが・・・。)

そういった意味では充実した研修視察だったと思います。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。