投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2008年11月25日

いきなりゴミ拾い作戦決行!

今日の午後、見学する予定の授業がなかったので、家の隣の中学校でいきなりゴミ拾い活動をしてみた。
というのも日本の中学校とベナンの中学校の大きな違いのひとつがゴミの問題だと思う。
これは町の中でもそうなのだが、みんなゴミをその辺にポイ捨てする。
学校でもそうで、生徒も先生もその辺にポイ捨て。
じゃあゴミだらけが好きなのかというとそうではなく、毎朝自分の周りはとてもきれいに掃除する。
学校でも毎朝教室内と出入り口付近はきれいにはき掃除をするが、そこから離れるにつれてゴミだらけになっていく。

ゴミだらけ.JPG

今回は外国人が1人でゴミ拾いをしていたらどんな反応を示すかという実験でもあった。
生徒「どうしてゴミを拾ってるの?」
自分「だってここきれいか?」
生徒「いや、きれいじゃない。」
自分「そうだろ?だから拾ってるだけだよ。」
生徒「ありがとう。」

「ありがとう」?
「手伝いましょうか?」じゃないのか?
と思いながらも、1人でゴミ拾いを進める。

生徒の「がんばって!」という声。
だから「手伝いましょうか?」じゃないのか?

そして冷やかしの声。
ムカッ!お前たちの学校だろ!と思うも、黙々と活動。

そんな感じで30分ほど進めていくと、授業のないクラスの生徒が何人か近づいてきた。
また同じような会話をした後、「やりたい?」と聞いてみた。
すると「うん。」という返事と共に、生徒たちとのゴミ拾いが始まった。
本当は生徒からの「手伝いましょうか?」が欲しかったが、まあいいだろう。

拾う生徒.JPG

やっていると本当にたくさんのゴミ。
そして木の根元のゴミはおしっこ臭い。
というのもこの国は、立ちシ○ンをする人がとても多い。
もちろん校内でもそう。
そんな中取り組み、何とか大体きれいになった。
完璧にきれいにするには、今日行なった1時間半では無理だし、どこからともなくゴミが飛んでくるのできりがない。
言いたいことはたくさんあるが、最後はみんなに「ゴミをその辺に捨てるなよ!」と言い残し終了。

はっきり言って一回こういうことをやったところで変わるとは思えないが、小さなことの積み重ねが大切。
理数科教師隊員であるが現職教員参加をしている以上、学校内のこういったことに関わって活動していけると良いと思う。

みんなで.JPG

おまけ
前回紹介した、ムチ大好き先生。
今日の午前中授業を見学したら、生徒が泣き叫ぶまでムチで叩いていた・・・。
やめたと思っていたのに・・・。
人を変えるのは本当に難しい。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(7) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

成果?

今日は先日紹介した、やたらとムチで叩く先生の授業を見学した。
先日の授業の後、意味もなく叩くのは良くないという話をしたばかり。
さて今日の授業はどうだろう?

まずはしゃべっていたと思われる生徒2人を連れ出しげんこつ。

あれ!?
変わっていない!?
まあこれは理由が理由だしな。
自分の中学時代も悪いことをしたらげんこつされていたし。

でも明らかに変化も。
前回は教室に着いた途端ムチを取り出し、常にそれを持って授業をしていた。
でも今回はムチを出すこともなく、また理不尽に叩くこともなかった。
自分が見ているからかもしれないが、変化が見られて何だかうれしい。

こうやって少しずつ影響を与えていくことができればいいなと思う。
この先生の次の課題は生徒の気持ちをもっと考えるということかな。

今日の授業中、前回の授業中に行った小テストの返却があった。
20点満点。
返却時に全員の点数を読み上げる。
日本では考えられない。
そしてその後、基準点以下の生徒を立たせ、
「どうして基準点がないんだ!勉強しろ!」
と怒鳴る。
まあそこまではまだ許せるとして、
その後、一番点数の低い生徒を立たせ、
「どうしてお前は2点なんだ!」
と怒鳴る。
その生徒はもちろん悲しそうな表情。


文化など日本とは違う点もたくさんあるが、少しでも自分の考えを伝えていきたい。
それを伝えないと自分が来ている意味がない。
もっと思い切ってやっていこう!
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

ついに解禁!

ベナンでは3か月間任地外移動禁止というルールがあるのですが、ついに解禁です。
もう任地へきて3ヶ月経ってしまったのかという時の流れの早さを感じるとともに、任地外のいろいろなベナンの顔を見られるという喜びがとても大きいです。

解禁後最初の週末である今日は、同期隊員の来られる人たちが自分の任地であるポルトノボに集まりました。
明るいうちはバーベキュー、その後は夜通しの語り合い。
寝たのは4時かな。

でも久々に同期と語り合うと本当に刺激になります。
職種こそ違えど、同じ時期に各任地へ散らばり、活動を始めた仲間たち。
勝ち負けではないけど、正直負けているなと思う部分もたくさんありました。

来週からまた気持ちを切り替えて頑張ろう!
そして同期とはいつまでもお互い高めあえる関係でいたい。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

愛のムチ・・・では絶対ない!

今日もいつものように授業を見学。
ただ今日の先生は他の先生と違った。
やたらと叩く。
叩くのが趣味なのかと思うぐらい・・・。

違う席に座っていたらムチ。(これは生徒が悪いが。)
指名されて間違ったらムチ。
挙手した生徒が言い間違えたらムチ。

何で間違えただけで叩かれないといけないんだ!

生徒の前では先生にそんなこと言えない。(先生に恥をかかせられない。)
だから先生が教室を出ている時に、とりあえず叩かれた生徒に聞いてみた。
自分「何で叩かれたの?」
生徒「私が先生の言ったことを写し間違えたから・・・。」
自分「こんなことが普通なの?」
生徒「ええ、普通よ。」
自分「痛くないの?」
生徒「痛いけど、仕方がないわ。」

生徒はいつものことなので納得しているようだが、どう考えてもおかしい!
どうにかして自分の考えを先生に伝えたいので、授業が終わったら先生と話そうと思った。

そうしたら先生が、
「ジュースでも飲みに行こう!」
と誘ってくれた。
「来週家に連れて行ってあげるよ。」
とも言ってくれた。
いい人。
でも言うべきことは言わねば!

自分「ベナンでは叩くことが普通なんですか?」
先生「いや昔は良かったが、今はダメだ。俺は叩いているけど。」
自分「どうしてですか?」
先生「叩かないと生徒がしまらないから。(たぶんこんなこと)」
自分「先生は説明が上手だから、叩かなくても生徒はしっかり勉強するようになると思いますよ。」
先生「そうか、分かった。」

来週もこの先生の授業を見学することになった。
本当に変わっているのだろうか・・・?
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

植物見学

今日は中学2年生の授業の植物見学に同行しました。
先生はマダムH。
前にも紹介した日本にも研修に行ったことのある先生です。

教室前に集合したのですが、ミニバスで移動。
小さなバスに子どもたちが詰め込まれます。

ミニバス乗り込み.JPG

数えてみたら、生徒34人(今日はお金がかかるから(700フラン(約175円))少なかったのだと思う)、教師1人、運転手、料金係、そして自分の38人!
ドアが閉まらないくらいですが、ももの上に乗って強引にドアを閉め出発!
出発したとたん先生が、
「さあ、みんな歌うわよ!」
と声をかけ、小さなバスの中で大合唱!
ベナンの歌から国歌、そして日本の歌まで飛び出しました。
マダムHが、
「これが日本の歌よ!みんな後に続いて歌って!」
と言って、
「春を愛する人は〜、心清き人〜♪」
と歌い出したときはびっくりしました!
日本人でも中学生はおそらく知らないのではないでしょうか。
その後自分も歌おうと、
「幸せなら手をたたこう!パンパン!」
と始めると、生徒たちは学校で習ったことがあるらしく(もちろん日本語ではありませんが)、みんなで再び大合唱。
音楽は国境を越えます!

ミニバスの中.JPG

10分くらいで目的地に到着。
今日の見学地はソンガイという施設。
農業、養殖、家畜などの面でエネルギーの循環も考慮に入れながら研究を行っている施設らしいです。
ガイドの人がついて案内をしてくれたのですが、生徒たちは目を輝かせて話を聞いていました。
ただそこはもちろん子ども。
しばらくしたら集中力が切れ、他のものに興味を持ち始めてしまいましたが・・・。

ソンガイ見学.JPG

10:00〜12:00までの授業。
見学が終了したのは14:00前・・・。
ちょっと計画性は感じられませんでしたが、本物を自分の目で見て、
「わー、きれい!」
と生徒たちが感動する様子を見ることができ、本当に良かったと思います。
生徒たちにとってかけがえのない経験です!
そして生徒が、
「これ食べられるの?みんなで食べようよ!」
と言い出し、先生が、
「分かったわ!今度の授業に料理して持ってくるからみんなで食べましょう!」
と言っている様子を見て、先生と生徒の良い関係と、この自由さをうらやましく思ってしまいました。

こういう力のある先生と協力をして活動していくことができればと思います。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

1日の紹介

今回は自分の今日1日を紹介します。

7:00 起床、シャワー、準備

7:45 出発

8:00 授業参観
 今日参観したのは家の裏の学校のマダムH。
 前回病院へ行くと言ってドタキャンした張本人。
 でも実はこの人、JICAの研修で日本にも行ったことのある先生。
 期待していたが、本当に期待通りの授業だった。
 もちろんベナンスタイルだが、生徒を乗せたり、意見を聞き出したりするのが上手。
 そして来週はソンガイという施設へ植物の見学に行くと言っていた。
 もちろん同行する予定です!
 実験・観察などはほとんど行わないと聞いていたが、こういう先生と出会えて本当にうれしいな。


10:45 帰宅

11:00 サイバーカフェへ出発
 これから職場へ行ってもすぐに昼休憩なので、潔くサイバーカフェ(ネットカフェ)へ。
 メールの送信とブログの更新、そして同期隊員のブログを見てモチベーションを上げる。


12:30 昼食
 家の近くでピロン(豚の煮汁とガリ(キャッサバの粉)を混ぜたもの)を食べる。
 ソースに魚入りで150フラン(約38円)。
 栄養があるかどうかは分からないがうまい。


13:30 散髪
 これまでは同期や同任地の隊員に切ってもらっていたが、毎回やってもらうのも申し訳ないので、今回は自分で挑戦してみた。
 バリカンである程度短くして、すきばさみでチョキチョキ。
 まだ坊主にはしていないが、坊主になる日も近いと思う。
 暑いので髪がうっとうしくてしょうがない。


14:30 出発
 午前中とは違う学校へ授業参観をしに出発。
 実は今日の授業参観は観察を行うということでとても楽しみにしていた授業。
 ベナンではどんなふうに観察を行うんだろう?
 14:50 到着。
 先生はまだ来ていない。
 15:00 授業開始時間。
 先生はまだ来ない。
 15:20 開始予定から20分経過。
 まだ来ない。
 ある生徒が近づいてきた。
 「今日は先生来ないみたいですよ。」
 いきなり授業がなくなり、生徒たちも下校した・・・。

ベジータ.JPG
先生が来ないとこんな感じ。日本と同じか!?


15:30 職場へ向けて出発

15:40 女子生徒5人と30歳くらいの男にからまれる
 女子生徒「お金ちょうだい。」(援交か!?)
 自分「じゃあ俺にまず100フラン(25円)くれ!」
 こんなわけのわからない会話をしていたら、
 30歳くらいの男「この娘たちに200フラン(約50円)ずつやってくれ!」
 自分「なんで?」
 30歳くらいの男「いいからやれよ!」
 と言いながら、ズボンの上からポケットのふくらみを触ってきた。
 言ってはいけないと思いながらも、つい言ってしまった言葉。
 自分「やめろ!お前は泥棒か!!」

 何だか活動もうまくいっているわけでなく、胸の中がもやもやしていて心が狭くなっているのかも・・・。


15:50 アドヨを飲み、そこでももめる。
 アドヨとはレモン、パイナップル、レモングラス、砂糖などを入れて作ったジュース。
 1杯25フラン(約6円)。
 飲み終わった時、店のおばちゃんの隣に座っていたおばちゃんが
 「私にも1杯おごって!」
 と言ってきた。
 いつもなら軽く受け流すところだが、さっきの件でちょっとイライラ。
 自分「何で?」
 おばちゃん「財布の中にお金入ってるでしょ。おごってよ。」
 自分「何で財布にお金が入っていたらおごらないといけないの?」
 おばちゃん「今日お金ないの。」
 自分「お金なかったら友達に借りればいいでしょ?俺がお金なかったらおごってくれるのか!?」
 おばちゃん「・・・」

 やっぱりちょっとイライラしていた。


15:55 いつものおばちゃんとの会話
 毎朝職場に行く時に必ず会話するおばちゃん。
 このおばちゃんの子どもたちがよく「TAKUYA!」と声をかけてくれるということもあり、おばちゃんとも仲良し。
 そしていつものように訳の分からないグン語を話してくる。
 「ママ、分んないよ。」

 イライラしていても、いつものペースでおばちゃんに話しかけられるとなぜか落ち着く。


16:00 職場に到着
 職場に到着したら、なぜかみんな外の日かげでしゃべっている。
 自分「どうしたんですか?」
 上司「停電だ。扇風機が回らないから暑くて仕事なんかできない。」
 停電じゃなくてもあまり仕事してないじゃんと思いながら、一緒に話していた。
 すると1人、また1人と帰っていく。
 自分もその流れに乗って職場を出た。
 (ちなみに普段は時間通り職場で何かしらしています。)


17:00 おばちゃんと再び遭遇、そして飲む。
 もう乾季に入ったらしく、最近やたらと暑い。
 こんな時はビールがうまい!
 さっきも会ったグン語のおばちゃんと話をしていて、
 「暑いからこれからビールを飲むんだ。」
 と言うと、
 「私にもおごって。」
 と言ってきた。
 このおばちゃんは全然OK。
 普段からレモンをくれたり、バナナチップをくれたりしてお世話になっている。

 そして一緒に飲んでいる時、衝撃的なことを聞いてしまった。
 おばちゃんの子どもだと思っていたいつも寄って来る男の子と女の子。
 とっても自分に懐いていてかわいいこの子たちは実はおばちゃんの子どもじゃなかった・・・。
 男の子はおばちゃんの娘の子ども。
 でも父親は蒸発。
 母親(おばちゃんの娘)は亡くなってしまったらしい。

 そして女の子は捨て子だったらしい。
 4か月の時に引き取ったので、本人は自分のおばあちゃんだと思っているらしいが・・・。

 でもおばちゃんが、
 「2人とも私の子どもだと思っているし、あなたも言葉は違っても息子のようなものだと思っている。」
 と言ってくれた。
 何だかとてもうれしかった!
 ベナンの母ちゃん。

 ちょっと衝撃的だったが、こういう家庭がたくさんあるのかもしれない。

一家.JPG


18:00 帰宅
 部屋から外を見ると、悪ガキが辺りをキョロキョロしながらヤシの木に石を投げて実を落とそうとしていたので、
 「わ!」
 と大きな声を出してみたら、ダッシュで逃げて行った。
 とっちゃダメかどうかも知らないのに、いたずら心でついやってしまった・・・。
 悪ガキ達よ、すまんかった。


19:15 夕食
 キャベツと玉ねぎのあまりで味噌炒め。
 当然味噌は日本から持ってきたもの。
 残念な感じは多少あるが、何とか食べられます。


20:00 フランス語の勉強
 フランス語を教えに家庭教師をしてもらっている友達が来た。
 この友達、いつもとても親切にしてくれ、サッカーの試合を見に行ったりしているのもこの人。
 小学校の先生で、フランス語が専門。
 婚約者がいてお金がたまり次第結婚したいと言っているのだが、私立の学校ではバカンス中に給料が出なく、普段の給料も少ないので、公立に移ろうと思って私立をやめたが、公立でも働けなかったという残念な状況。
 この前誕生日を祝った時に自分から家庭教師をやってくれないかと提案した。
 もちろんお金を払っています。
 
 今日話をした内容は、生活の基本表現から結婚観まで。
 彼は父親がポリガミ(一夫多妻)で、4人の奥さんがいたらしい。
 だから兄弟は16人。
 彼はクラスでも優秀で、景品で自転車や賞金をもらったりしていたほどらしいが、大学には行っていないらしいです。
 BAC(高校卒業資格)はとったが、お金がなく通わせてもらえなかったらしい。
 なんてったって16人だもんなー。
 だから彼自身は、一夫多妻もしないし、子供も2、3人でいいと言う。
 子供が多いと養育費が出せないから。
 こういう風にして、アフリカの国も先進国のように子供が減っていくのかもなー。

 実はこの人の他にもう1人に教えてもらっていて、その人とはフランス語と日本語の交換条件。
 だから週2回フランス語を習い、1回は日本語を教えています。


22:45 日記
 そして今、今日あったことをダラダラと書いています。


 本当にダラダラと書きましたが、ちょっと濃い目のこんな1日。
 思い通りにはいきませんが、それはそれで代わりの何かがあって楽しいです。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

計算ドリルの偉大さ

今週から本格的に授業の見学を始めている。

これまで聞いて想像していた教師像。
・授業時間に来ない。
・授業の準備をしていない。
・黒板をノートに写させて終わり。   など

でも良い意味で予想が外れている。
・授業には時間通り来る。(始まるのは遅れるが・・・)
・授業前に同じ教科の同僚と打ち合わせをしている教師がいる。
・生徒に発表させたり、終わった生徒には問題の書いた紙を配布し、解かせたりしている。
そして何より思っていたよりやる気のある教師がたくさんいる。

もちろん助言や提案をしたいところはたくさんあるけど、思っていたよりはずっといい状態だと思う。
ただやはり具体物を使った授業がないので、そのあたりも提案できればいいかな。


授業を見ていると、国が違えば教科が同じでもやり方が違うということがよく分かる。
電流と電圧の計算も日本ではやらないようなこともやっていた。
そして何より驚いたのは、簡単な計算でもみんな電卓を使うということ。
先生に聞くと、学校のテストはもちろん、BAC(高校卒業資格試験)などでも電卓使用可らしい。
そしてこれは物理・化学だけでなく、生物・地学、そして何と数学でも使用可らしい。
日本は小学校の頃から計算ドリルなどで鍛えられるが、ベナンではそのようなものはない。
外で食事をすると会計の時にかなりの確率で計算を間違うが、その理由がよく分かったような気がする。

電卓.JPG



おまけ

アメリカの新大統領がオバマ氏に決まり、こっちの人はとても喜んでいます。
主な理由は2つ。
1つ目はブッシュ政権が終わったということ。
そして2つ目は黒人差別が激しかった国で、アフリカ系であるオバマ氏が当選したということです。
もしからしたらアフリカのほとんどの国の人が同じような感情を覚えているのかもしれませんね。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。