投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2008年11月25日

いきなりゴミ拾い作戦決行!

今日の午後、見学する予定の授業がなかったので、家の隣の中学校でいきなりゴミ拾い活動をしてみた。
というのも日本の中学校とベナンの中学校の大きな違いのひとつがゴミの問題だと思う。
これは町の中でもそうなのだが、みんなゴミをその辺にポイ捨てする。
学校でもそうで、生徒も先生もその辺にポイ捨て。
じゃあゴミだらけが好きなのかというとそうではなく、毎朝自分の周りはとてもきれいに掃除する。
学校でも毎朝教室内と出入り口付近はきれいにはき掃除をするが、そこから離れるにつれてゴミだらけになっていく。

ゴミだらけ.JPG

今回は外国人が1人でゴミ拾いをしていたらどんな反応を示すかという実験でもあった。
生徒「どうしてゴミを拾ってるの?」
自分「だってここきれいか?」
生徒「いや、きれいじゃない。」
自分「そうだろ?だから拾ってるだけだよ。」
生徒「ありがとう。」

「ありがとう」?
「手伝いましょうか?」じゃないのか?
と思いながらも、1人でゴミ拾いを進める。

生徒の「がんばって!」という声。
だから「手伝いましょうか?」じゃないのか?

そして冷やかしの声。
ムカッ!お前たちの学校だろ!と思うも、黙々と活動。

そんな感じで30分ほど進めていくと、授業のないクラスの生徒が何人か近づいてきた。
また同じような会話をした後、「やりたい?」と聞いてみた。
すると「うん。」という返事と共に、生徒たちとのゴミ拾いが始まった。
本当は生徒からの「手伝いましょうか?」が欲しかったが、まあいいだろう。

拾う生徒.JPG

やっていると本当にたくさんのゴミ。
そして木の根元のゴミはおしっこ臭い。
というのもこの国は、立ちシ○ンをする人がとても多い。
もちろん校内でもそう。
そんな中取り組み、何とか大体きれいになった。
完璧にきれいにするには、今日行なった1時間半では無理だし、どこからともなくゴミが飛んでくるのできりがない。
言いたいことはたくさんあるが、最後はみんなに「ゴミをその辺に捨てるなよ!」と言い残し終了。

はっきり言って一回こういうことをやったところで変わるとは思えないが、小さなことの積み重ねが大切。
理数科教師隊員であるが現職教員参加をしている以上、学校内のこういったことに関わって活動していけると良いと思う。

みんなで.JPG

おまけ
前回紹介した、ムチ大好き先生。
今日の午前中授業を見学したら、生徒が泣き叫ぶまでムチで叩いていた・・・。
やめたと思っていたのに・・・。
人を変えるのは本当に難しい。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(7) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。