投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2009年06月30日

ヤイ・ボニ大統領

2006年からベナンのシェフ(長)であるヤイ・ボニ大統領。

ヤイ・ボニ大統領.jpg

彼はこれまでの大統領と違い(!?)本当に自らよく動く。
テレビを見ていると毎日違う場所を訪れている。
これまでは省庁でも時間通りに出勤しなかったり、不正があったりしたらしいが、ヤイ・ボニ大統領になってからは自ら様子を見に来るため、そういうことが減ったらしい。
トップが自ら動くということは大切なことだ。
そのため民衆からの信頼が厚い。
逆に省庁の官僚の中には反ヤイ・ボニ派もいるようだ。
官僚たちはこれまで通り楽して金を稼いだり、不正をしてポケットマネーにしたりしたいのだろう。

そんなヤイ・ボニ大統領。
以前はトーゴで銀行の長を務めていたらしい。 
(彼は西アフリカ諸国中央銀行の社長を経験している)
その時の話。
国にお金がなかったため教員たちに給料を払えなくなったトーゴ。
教員たちのグレーブ(ストライキ)は3か月に及んだ。
教員たちは給料をもらえない。
子どもたちは学校に通えない。
そんな状況を見かねて、ヤイ・ボニが銀行のお金を国に貸したようだ。
その後すぐに学校は再開され、子どもたちは学校へ通うことができるようになった。

こんなエピソードもヤイ・ボニ大統領が支持されている理由だろう。


そんな中、今日職場の上司と話していたら、
「明日と明後日、教育省中等教育局(自分の配属先)はグレーブだ。」
と言われた。
理由はヤイ・ボニ大統領になって以来、毎年もらえていたボーナスが、今年は国の資金不足が原因でもらえないということ。
バカンス中なのでまだ良いが、この後初等教育局の方も同じ理由でグレーブを行う予定らしい。

それにしてもベナンの状況を考えると、何だかぜいたくな理由に思えてしまう・・・。
やはりこれまでもらえていたものがなくなると、不満を感じてしまうのだろう。

この状況をヤイ・ボニ大統領はどのようにして治めていくのだろうか。
ちょっと楽しみである。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

ビザ

昨日と今日、7月末に行く任国外旅行第2部(第1部は7月上旬のガボン)のために、コトヌーにあるブルキナファソ領事館とニジェール大使館にビザを取りに行ってきました。
これまで他の国でビザを取りに行ったときは、ものすごく待たされた上にものすごく対応が悪かったので、若干どうなるのかと思っていましたが、待つこともなく、対応してくれた人も感じがよく、すんなりと申請することができました。

そしてすごいのは両国とも無料でビザを取得できるということ。
もちろん公用パスポートでJICAからのレターがあったからこそのことですが、ありがたいことです。

気がついたら1週間後にはすでにガボン。
ベナンに来てちょうど1年経ったので、他のアフリカの国を見て、そして同期隊員たちと会ってリフレッシュしてきます!
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

新たな子達

1ヶ月半ほど前、うちのヒナたちが行方をくらましたということをお伝えしました。
しかし彼らは結局帰ってくることはなく、早く次の卵を産むことを期待していました。
全然産まないなーと思っていたのですが、先日ガルディアンから、
「もう卵温めてるよ。」
の一言。
(えっ!?)
でも鶏の家には卵はないんです。
そう、何と家ではない草むらで卵を産んで、温めていたらしいのです。
そして今日ついにヒナがかえりました!
今回はどうやら卵をたくさん産んでいたらしく、ヒナが8羽も産まれました!(孵らなかった卵は2個)

新たな子達.JPG

今度こそは彼らが大きくなっていくのを見守っていきたい!
そして次に卵が産まれたときには、念願の卵かけごはん!
楽しみです!
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

フェット

同期隊員が任地で活動を共にしている視覚障害者グループの人たちを呼んでフェット(パーティーのようなもの)を行い、任地が近いということで招待してもらいました。
今回はベナン食のフェット。
前日にはブタを1頭買って、当日の朝現地の人にしめてもらい、料理をしてもらっていました。
料理が出てくるまでは視覚障害者グループの人たちが太鼓をたたいたりしながら踊ります。

舞ちゃんフェット.JPG

全部で何人だったのかは分かりませんが、たくさんのベナン人を呼んでフェットをひらいている同期隊員がまぶしく見えました。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

険しくなった道

今日はW杯予選「ベナンvsマリ」アウェー戦。
いつものように当日まで開始時間が分からない・・・。
町中でいろいろな人に質問すると、「16時」「17時」「20時」という答え・・・。
一体誰を信じればいいんだ!

その後「昨日ラジオで20時開始って言ってた」という有力情報をゲット!
でも16時からスタンバイしていた自分たちは待ち切れず、17時くらいにはテレビのあるビュベット(野外食堂)へ。
ビールを飲んで試合開始前に眠くなってしまった・・・。

まず今回の試合で驚いたのは20時開始ということ。
おそらく現地時間では19時。
ナイターである。
ベナンではとてもナイターで試合なんてできないだろう・・・。
(停電などで照明が途中で切れてしまう可能性大)
そしてスタジアムが大きい!
観客席に2階席のようなところがあった!
ベナンのスタジアムより圧倒的に大きい。
マリはベナンより下だという勝手な先入観をあっさりとくつがえされた・・・。

試合はというと・・・
何と開始早々ベナンが先制!(店の主人がテレビをいじくっていてその瞬間は見れなかったが・・・)
結構ベナン調子よさそう!
ちょこまかちょこまか動きまくる。
さすが「リス軍団」!(ベナン代表の愛称、かわいらしい)
しかしあっさりと1点返されて前半終了。
ただ前半終了間際から後半途中までマリからの電波が悪くなったらしく、試合がほとんど映らない状態。
そして後半テレビが映りだしてからさらに2点取られてしまった。
試合終了5分前、アナウンサーが、
「もうこの試合は忘れろ!次は勝とう!」
と言っていたのが笑えた。
切り替え早すぎ。
結局3−1で負けてしまった。
前半途中まではW杯出場も夢じゃないか!?と思ったんだが・・・。
次の試合は9月5日か6日のvsマリ、ホーム戦。
まだ可能性はゼロではない!
がんばれ!リス軍団!
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

普通に生活できることの幸せ

先日、パキスタンへ派遣されている協力隊員が全員日本へ撤退したという話を聞いた。
テロ、そしてインドとの関係悪化が原因だそうだ。
数か月前にはメキシコ隊員全員が日本へ一時帰国した。
豚インフルエンザが原因であった。
これらは隊員の意思と無関係の強制的な帰国である。

みんな駒ヶ根訓練所で一緒に2か月を過ごした仲間。
他の国で起こっていることが他人事とは思えず、また何事もなく生活をすることができていることに幸せを感じる。

それにしても志半ばに帰国しないといけなくなった隊員の気持ちを考えると居たたまれない。
やっと乗ってきた活動を中途半端な状態で休止しなければいけない。
任国で信頼関係を築いてきた現地の人たちを、友達や家族をおいて、日本へ帰国しなければいけない。
病気の蔓延しているところに、そして戦禍の元に残して。

自分がこの状態になったらどうだろう?
そして現地の人に、退避していく日本人はどのように映るのだろう?

危険な状態なのだから避難できる場所のある人が避難することに異存はない。
ただ「現地の人と共に」をモットーとする協力隊活動を考えると、正直複雑な心境である。


世界の平和はどうやったら訪れるのだろうか?
世界の人々全員が笑顔で暮らすことのできる生活はいつ訪れるのだろうか?

とりあえず自分にできることを積み重ねていきたい。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

最後の日

今日は19年度1次隊の先輩最後の日。
午前中で仕事を終え、見送るためにコトヌーへ。
出国の便は夜だが、空港へ行く前は調整員たちと食事の予定が入っているらしいので、昼間が一緒に飲める最後の機会。
コトヌーにあるヨボ食屋「Living Stone」ですごいのを注文しました!
ちなみにヨボ食屋とは西洋料理レストランのことで、地方にはほとんどありませんが、コトヌーにはたくさんあります!

すごいのって何かって!?
















これです!!

ロングビール.JPG

5Lの生ビール!!(ちなみに生ビールは地方にはありません)
タンクで出てくるわけでもなく、もちろんピッチャーでもない!
大ジョッキくらいの太さで、カリン塔!?のように屋根に向かってそびえ立っています!
周りにはぬるくならないように保冷剤が・・・。

ただこういうのを注文してしまうと、飲み放題感覚になってしまって、ついつい量が・・・。
昼間から大量出費でしたが、楽しくて幸せだからいいのです!

そして夜は空港へ見送りに。
もう少し話す時間があると思っていたけど、みんなと握手をしてあっさり中へ入っていってしまいました・・・。
急すぎて「お世話になりました」の一言すら言えなかったのが心残り・・・。
でもその人らしい別れ際だったような気もします。

そして次の日の夜電話が。
「今日本に着きました!いろいろとお世話になりました!」
それはこっちのセリフなんだけど、その電話が本当にうれしかった。

日本で新たな道に向けて頑張ってください!
本当にお世話になりました!
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

はや1年・・・

今日は20年度1次隊の中間報告会と19年度1次隊の最終報告会&送別会が行われた。
そう、自分たちの中間報告会。
ベナンへ来て早くも1年近く経ってしまったのかと思うと、時の流れの早さを感じずにはいられない。
15人いる同期と、1人の先輩隊員の発表。
大人数のため1日がかりになってしまい少々疲れたが、いつものように本当に刺激を受けた。
今回は同期の活動ということもあり、特にだったような気がする。

そして夜は送別会。
19年度1次隊の先輩はたったのひとり。
同期隊員がいない生活というのはどういったものだったのだろう・・・。
でもたったひとりのために行われた50名以上による送別会は、きっと思い出に深く残るものだっただろう。

年下ではあるがいろいろな面でお世話になった先輩隊員。
何だかもうすぐ帰ってしまうというのが不思議に思える。
帰国は火曜日の夜。
これまで見送りには行ったことがなかったが、今回は空港で見送りたいなと思う。

こーたろー送別会.JPG
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | JICA行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

W杯への道(VSスーダン)

ついにワールドカップ予選スーダン戦当日。
前日にスタジアムへ行き、チケットの情報を手に入れたところ、当日の朝7:00からスポーツホールで売り出すと言っていた。
絶対に手に入れないといけない立場としては、6時半くらいには行って並んでおこうと思っていたのだが・・・。

起きたら8時過ぎ・・・。
(マジで!?まあ3時過ぎまで飲んでいたからいけないのだが・・・。)

急いでスポーツホールへ向かうと、ダフ屋がたくさん声をかけてきた。
ダ「チケット売るぞ。」
自分「いや並んで買うから。」
ダ「もうチケットは全部売り切れたぞ。」
自分(えっ!?マジでそれは勘弁なんだけど・・・)
一瞬頭の中が■○▽×◆◎な感じになった。

でもよく見たら奥に列があるではないか!
最後尾につき、「まだチケットあるよね!?」と何人かに確認し、待つこと約50分。
何とか1000フラン(約250円)のチケットを20枚手に入れたのである。

念願のチケット.JPG

ひと安心してドミ(隊員の宿泊場所)へ戻り、二度寝。
その後12時頃にみんなでスタジアムへ向けて出発した。
スタジアム集合は13時に設定。(試合開始は16時)
というのも、これくらい早くいかないと席が取れないし、最悪の場合会場にすら入れないということもあるのだ。
もちろん混雑を避けるという意味も大きかったのだが、13時にはもうすでにたくさんの人が・・・。
みんなには持ち込み自由(前回はOKだったし、友達もOKだと言っていた)と言っていたのに、入場するのに持ち物検査。
ペットボトル等は全て捨てることに・・・。
そんな中ビンなどを見つからずに持ち込ち込むことに成功した隊員も。

荷物チェック.JPG

会場に入るときはすごい人で、もう席はないのではないかと思ったが、スタジアムに入るとまだかなり席に余裕が。
助かったー。
こうして20人は固まって座ることができたのだ。

でも試合開始までまだ2時間以上ある。
どうしようかと思っていたが、結構すぐに盛り上りが。
競技場にハマーとバスが入り、トラックを爆走。
どうやらベナンサッカー協会の会長の車と選手のバスのようだ。

選手登場.JPG

そして有名選手がバスから降りると大きな歓声が。
一番人気はセセニョンというパリサンジェルマンの選手かな。

そしてしばらく待っていたら選手のアップが始まった。
もうすぐ試合開始だなと思っていたら、超不届き者たち発見!!
何と観客席から下に向かって、集団で立ちし○ん!!

こんなところでするな!.JPG

考えられない!!
ベナンでは確かに町中で立ちし○んをする人を見かけるが(考えられないと思いますが女性もです)、まさか会場で下に向かってやるとは・・・。
彼らいわく「会場にトイレがなく、外に出たらもう入れない」とのこと。
(一緒に行った隊員によると、確かにハーフタイムでも扉が閉められていて外に出られなかったようだ。チケットを買っていても入場できなかった人で扉の外はいっぱいらしい。)
それでもここでやるな!もっと目立たないところでやれ!

とああだこうだしていると時間になり、国歌斉唱。
前回来たときは国歌を覚えていなくて歌えなかったけど、今回は歌えた!
何だか会場のベナン人と一体になった気がして気持ち良かった〜。

そして試合開始。
どうやら最終予選ということで警備等が厳しくなったようで、試合前からトラックに降りて何かしている人はいなくなっていたが、今回も観客席の下でかなり控えめにグリグリ?(ヴードゥー教の黒魔術)らしきことをしている人を発見!

グリグリ?.JPG

裸でベナンカラーのペンキを塗り、煙をたいて何やらやっていた。
(前回来たときはハーフタイム中などにゴール裏で何やら怪しいことをしていたが、さすがに今回は最終予選で厳しくなったのか、大衆の前ではやっていなかった。)

試合の方はなかなか流れがつかめないまま進んでいたが、前半の途中で先制!

先制.JPG

そこから少し盛り上りが出てきて良かった。
結局最後までこのままで1−0で勝つことができたが、内容はいまいちだったかな。
でもまあW杯予選は勝つことが大事!
次の試合も応援に来よう。

P.S
今日は現地人案内役として友達のアウェスを連れてきた。
彼にはまた一緒に観に行こうとしか言っていなかったのに、日本人19人に常に目を配って、いろいろ助けてくれ本当に助かった。
いい友達を持って本当に良かった。
「Awessou, merci beaucoup !」

P.SのP.S
実は今回会場に入る前にORTBというテレビ局のカメラとリポーターが近づいてきて、
「今日のスコアは?」
という質問をされた。
自分は、
「Trois zéro. Trois zéro ! (3−0、3−0!)」
と答えていたのだが、ポルトノボに帰ってテレビのニュースを見ていたら、普通に自分が映っていた・・・。
自分たちはベナンではヨボ(白人)で目立つので、いるだけでテレビカメラに収められることが多い。
またボランティア関係の活動は事務所からお願いすればORTB(テレビ局)が来てくれる。
実はちょい映りも入れると、今回はおそらく5回目以上。
町では会った人に「テレビ見たぞ!」と言われる。
日本ではないことだから、こんなことでもちょっとうれしい。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

どうなってるんだ!?

今週末にコトヌーでベナンVSスーダンのワールドカップ最終予選が行われる。
みんなに声をかけたところ20名弱の隊員が観に行きたいということであった。
ただ幹事としては本当に「どうなってるんだ!?」と言いたくなることばかり。

まず試合日。
最初に出ていた発表では6/6(土)だったのに、途中から6/7(日)という噂が流れてきた。
インターネットで調べようとしても、サイトによって情報がまちまち。
ベナンサッカー協会のホームページを見ても、6/6‐7という表記。
思わず「どっちなんや!」とつっこみたくなるこのいい加減さ。
ただ試合日が近づくにつれて、6/7という説が有力になってきた。

チケット。
みんなの分をまとめ買いするのだが、いつから売り出すのかが分からない。
ベナン人に聞くと「ラジオで発表がある」というのだが・・・。
そして昨日、友達から「明日から売り出すぞ」という情報を得た。
試合3日前である・・・。
そして今日、チケットを売っているところに行ってみると、売っている気配が全くない。
その場にいた警備員に聞いてみると、
「当日の朝だ!もしくは前日の夜からだ!」
(えっ、どっち!?しかも今日から売り出すっていう情報は何だったんだ!?)
この土壇場にきて、この情報の曖昧さ。
どうやらチケットを早くから売ってしまうと、偽造チケットが出回るらしい。
まあ納得。

試合は明後日。
でもチケットはまだない。
ベナン人は「当日に簡単に手に入る」というが、20名弱の命運を握っている自分としては、はっきり言って気が気でない。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

あっという間の今年度

授業へ行くと、どうやら今日が今年度最後の授業のようだった。
テスト直しをする生徒たち。
そして先生としゃべっていると、
先生「今日で授業が終わりよ。」
自分「でも教えないといけない内容は全部終わったんですか?」
先生「いや終わってないわ!」
自分「あとどれくらい残っているんですか??」
先生「単元がSA1〜SA3まである内のSA3が全然やってないわ。」
自分「じゃあ生徒たちはどうするんですか?」
先生「生徒たちが家で自分で勉強するのよ。まあやらない生徒が多いけどね!」

こんなことでいいのか!?
まあ良いわけはないが、ほとんどすべての教科でこういった状況が起こるようだ。
普通なら今年度は2008年9月中旬から2009年7月上旬までのはず。
でも結局今年度の授業が始まったのが2008年10月下旬。
そして終わるのが6月上旬。
もちろんこの間には休暇がある。
今後はどうやらテストがいろいろあって、先生たちは答え合わせ等で駆り出されるらしい。
実質1年の半分しかない学校。
これでは教える内容が終わらないというのも納得できる。
そしてさらに教師が時間通りに来ないという問題もある・・・。

問題の多いベナンの学校。
でもせめて授業が最後まで終わらないということが分かっているのであれば、それを少しでも進められるように時間通りに授業に来る努力をしてほしい。
終わらないのが当たり前になってしまっている現状。
小学校が無償になるなど少しずつ状況は変わってきているとは言うが、そのうちこの状況も変わるのであろうか。

まあそんなことはさておき、今年度お世話になっていたクラス。
テストがもう終わっているからか全員来ていなかったのが残念ではあるが、みんなで自分のために歌を歌ってくれた。
お返しに自分もみんなに歌を歌って、その後記念撮影。
日本でもベナンでも年度の最後は感慨深いものである。

学級写真.JPG
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

中学生になるぞ!

家の裏は小学校。
いつも朝小学生でにぎやかなはずなのに、今日はシーンとしている。
そう、今日はCEP(Certificat d’Etudes Primaires)という初等教育修了試験。
小学校6年生が全員試験を受ける日なのです。
小学生といっても毎年進級試験を受けているので慣れているのかもしれませんが、今日は特別。
中学校へ進学するための試験です。
2005年以前はこの合格率が35〜40%程度だったらしいのですが、難しすぎるということで試験の難度が変わり、現在はほぼ100%の合格率だとか。
また普通この試験に落ちたらもう一度小学6年生をやり直さないといけないのですが、親が中学校の校長先生にお願いをしたら(もちろんワイロ付きで)、一応中学1年生になることができるという裏の道もあるそうです。
ただ中学1年生でもう一度このCEPを受けてダメなら退学とか・・・。

今月は試験月間。
8日にはBEPC(Brevet d’Etudes du Premier Cycle)という前期中等教育修了試験があり、これは中学4年生(ベナンは中学が4年間)が高校生になるための試験です。
現場の先生に聞くと合格率は約35%らしい。(紙ベースのデータとは違うと思いますが)
まあこれも同じように親の交渉とワイロで進級できる可能性が出てくるそうですが・・・。
ただ進級できてもまた次の年試験を受けないといけないので、結局は勉強をしっかりしないといけないんですよね。

また17日にはBAC(Baccalauréat)という大学入学資格試験があり、この試験に合格しないと大学に進学できません。(ちなみにこの合格率も約35%らしい)
と思っていたのですが、どうやらBACの後にEquivalenceというフランス語、英語、地歴、数学のテストがあるそうで、これに合格しても大学に進学できるらしい。
またこの後、大学で3年間ほど勉強するとBACをとったのと同じことになるらしい。

毎年試験、試験のベナン。
お金の問題もあるので、間違いなく日本の生徒たちより必至だろう。
がんばれ!ベナンの生徒たちよ!
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。