投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2009年08月14日

ここにきて・・・新生活の始まり

コトヌーでのホームステイが始まってちょうど1か月。
今日でその生活が終わり、任地であるポルトノボへ戻りました。

そもそもどうして1か月任地を離れないといけなかったというと、任地であるポルトノボの家に問題があったから。
そして家を探している間、コトヌー滞在ということになっていたのです。

不幸中の幸いですが、自分としては初めてのホームステイ。
ずっとしたかったので念願がかなってうれしかった!
でもベナンへ来たばかりのころのホームステイではなく、1年経過してからのホームステイ。
日常会話をする分には言葉の問題もなく、またすでにベナンでの生活に慣れてしまっているので、新たな発見、成長というのは少なかったような気がします。
でもお金持ちベナン人の家の親子関係が見られて面白かった!

例1
(夜の10時ごろ、まだ息子(14歳)が帰ってこない)
父「まだ息子が帰ってこない!一体あいつは何やってるんだ!」
(息子帰宅)
父「今何時だと思ってるんだ?どこに行っていた?」
息子「友達の家にテレビゲームをしに・・・」
父「もうゲームのことは忘れろ!夜10時に帰ってこないのはおかしいだろう?」
息子「じゃあ家のテレビゲームを修理してよ!」
父「もうゲームは忘れなさい!今年は試験があるんだぞ!」
息子「・・・」

もちろんベナンでテレビゲームができる家なんてほとんどありません。
でもお金があればある程度のものは手に入るのです。


例2
(学校で行われている夏期講習へ息子を送る車の中)
父「お前はいつも遅刻だ。シャワーの時間を減らしてもっと早く準備しなさい!」
息子「あっ!カバンを家に忘れた!」
父「もー、お前はいつもそうだ!ここで待ってるから、ゼミジャン(バイクタクシー)で帰って取ってきなさい!」
(息子出発)
父「あいつはいつもおしゃべりばっかりで、お金ばかり要求してくる!今朝も2000フラン(約500円)で本を買いたいと言ってきた!お金がないのに・・・。それなのにこれだ!」

ねっ、おもしろいでしょ!?
車で送ること自体ありえないことだけど、何だか日本でもありそうな会話でおもしろい!
これまで日本の生活とベナンの生活は全然違うと思っていたけど、お金がある家の生活というのは日本と似ているのかもしれないです。

パパと息子(11人の子供のうちの末っ子で、本当はとてもかわいがっているんですよ!残念ながらママの写真はタイミングが悪くて撮れませんでした。)

父と息子.JPG

お手伝いさん(毎日おいしい料理を作ってくれました!)

バレー.JPG

オウム(餌をあげると「C’est bon ?(おいしい?)」と言うかわいいオウムです!「タクヤ」という言葉もすぐに覚えました!)

ペドケ.JPG


こうしてホームステイ生活を終え、ポルトノボへ帰ったのです。
そして元の家には1か月で大きくなったピヨたちの姿が!

成長したピヨたち.JPG

たった1か月で1羽も欠けることなくよくここまで大きく育ったものだ!

そして引っ越し。
近いうちに飼っていたムトン(羊)や鶏を譲るか絞めるかしなければ・・・。
残念ながら次の家では飼うことが出来そうにありません・・・。

新しい家はというと・・・
何だかさらにきれいな家になってしまいました・・・
きれいなことに越したことはないのですが、現地の人と生活を共にしたかったので、ちょっと残念です。
というのも今回の家もマンションタイプ。
ベナン人がたくさん住む長屋タイプではありません・・・。

安全対策のために鍵の交換

鍵交換.JPG

でもこの家にもいつまで住めるか分かりません。
というのもJICAの基本方針で、派遣国とはボランティアを派遣する代わりに、住居は派遣国政府が提供するという契約が交わされているのです。
実はホームステイ中もポルトノボへ来て、ベナン人の友達の力を借りて家探しをして、自分が住みたいところを見つけてきたのですが、その家の大家さんが財務省と契約をするのを拒否しているんです。
というのも日本の感覚だとありえないですが、大家さんとしては財務省と契約したら、家賃を滞納される可能性が高いので、契約をしたくないのです。
実際に財務省の滞納が原因で、隊員が家に帰った時に家に入れないような状態にされてしまっていたという話も聞きます。
JICAとならすぐにでも契約をしてくれるのですが・・・。

ということで今回の引っ越し先はJICA払いの短期滞在者用住居。
財務省払いの可能な家が見つかり次第、再び引っ越しなのです・・・。

正直活動以外のことで落ち着かないのは、嫌で嫌で仕方がないですが、しばらく!?ここでの生活を続けていきます。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。