投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2009年08月19日

バカンス中の活動

たまには活動の話を。

現在ベナンは長期バカンス中。
9月14日から新学期が始まる予定だったが、毎年のことだが始めることができず、既に9月末か10月上旬に延びたという発表があった。
まあ日本ではありえない話である。

学校に入って活動している隊員はバカンス中の活動について共通の悩みが。
そう、普段やっている活動ができないのである。
夏休みだから子どもたちを集めて何かやろうとも思うのだが、田舎へ帰っているのかほとんど集まらない。

そこで自分は新学期が始まった後に使えるように、教員用の簡易実験マニュアルを作成している。
これは作成中のマニュアルの一部

マニュアル.jpg

が・・・

どうもデスクワークが嫌いな自分。
外で子どもたちとかかわって活動をしたいなと思って考えた。

「そうだ!理科実験ちんどん屋をやろう!」

小さな子どもたちは地域にたくさんいるので、ちんどん屋で町を回りながら、子どもが集まり次第実験をしようという試み。

これのヒントになったのはニジェールへ任国外旅行に行ったときに、文化紹介前にニジェール隊員が行っていたちんどん屋での呼びかけ。

やろう!と決めてからはすぐに行動をしないと!と思い、簡単な実験内容を考えて、あとはちんどん屋セットの作成!
ちんどん屋と言えば自分のイメージでは「カン!カン!カン!」と鳴らせるような鐘。
ということでまず鐘を購入しに行くことに。

楽器作り.JPG

下の写真のような鉄くずから作っている。何でも使えるものは使う姿勢がすごい!

鉄くず.JPG

ちなみにこれはベナンではフェット(祭り)のときや、ザンベト(ヴードゥー教関係)が出現するときなどに使われる楽器である。

あとは自分が首からかけるものを、段ボールを下敷きに作成して完成!
(白い紙はその日にやる実験テーマを書く予定)

ちんどん屋セット.JPG

このセットで明日早速地域を回ってみます!
どんな反応があるのかとても楽しみ!
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。