投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2008年07月15日

荷物到着!

ついに日本を発つ前に送った荷物がベナンに届きました。
自分は航空便と船便の間のSAL便というやつで送ったのですが、同期の隊員に聞くと、ベナン行きのSAL便はないとのこと。
もしかしたら船便と一緒に何か月もかけてゆっくり来るんじゃないかと心配していましたが、航空便にしてくれたようです。
さすが日本!
中身は何かというと、仕事関係の本やコンタクト用品、そして空いたスペースに「インスタントみそ汁」や「寿がきやみそ煮込み」などです。
実はベナン食に飽きた時に食べたいと思って、心待ちにしていました!

荷物が届くシステムですが、コトヌーの空港近くに郵便局のJICA私書箱があるので、届いたという連絡を受けたら、そこに荷物を取りに行かなければいけません。
ただ長い道のりを旅してきた荷物。
まあまあきれいなダンボールで送ったはずですが、着いたころにはボロボロ。
所々ダンボールが破れて、テープで修復されていました。

到着荷物.JPG

でも自分の荷物はかなりましな方。
ダンボールが破れたままで、また穴が開いた状態になってしまったもの。
そして、ダンボールが原形をとどめておらず、中身がくしゃくしゃに袋に入れられているもの。

到着荷物2.JPG

この荷物を受け取った同期隊員は、かなりショックな様子でした。
何か月もかけて届く船便はどんな状態になってしまうのだろう?

ただ今回は幸いなことに荷物がなくなったという人はいませんでした。
どうやら送られてくる途中に中身(高価なものだと)が盗られてしまうことがあるらしいです。
実際ダンボールが破れているから、どこで盗られたかも分かりません。

そして荷物を受け取る場所でも、ダンボールを開けられてチェックを受けますが、誰も何も没収されずにすみました。
チェックも甘かったので、もしかしたらJICAボランティアということで少しは優遇されているのかもしれません。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 現地語学訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺、船便。かざまんも80万円かけて船便。2人ともあきらめかけています。DHLは早いし、きれいなまま届いています。
Posted by びーちゃん at 2008年07月23日 08:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。