投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2009年02月10日

ポリガミ(一夫多妻)

タイトルの通り、ベナンはポリガミ(一夫多妻)OKの国です。

今日仕事を終えて帰るとき、職場の上司に車で印刷屋さんに連れて行ってもらいました。
行く途中、
「これは子供へのお土産だ。」
と言って揚げ菓子を買いながら、
「俺は5人子供がいるんだ。」
という一言。

(やっぱりアフリカの人は教育省の職員でも子供が多いのかー。)
と納得していた次の瞬間に出てきた一言。

「俺には妻が二人いる。」

(ここにもいた!)
実は同職場の隊員にそういう噂は聞いていたのだが、まさか本人の口からカミングアウトされるとは・・・。

そしてポリガミ(一夫多妻)について語る上司。
「ポリガミ(一夫多妻)は子供にとっては良くないが、男たちにとっては憧れだ!」

確かに法律としてそれが認められているこの国ではそうなのかも。

そして奥さんの歳を聞いてびっくり。
一人目の奥さんは61歳。
ちなみに本人は53歳。

そして何と二人目の奥さんは33歳!

何という歳の差!
この人は一体年上好きなのか?年下好きなのか?年上に飽きたのか?両立させたい欲張りなのか?

もちろん子供の歳も下は7歳から上は23歳と幅広い。

そして上司の一言。
「娘を一人やるから嫁にしろ。」
(いやいやお父さん・・・。)

ちなみに二人目の奥さんと結婚したのは奥さんが19歳の時。
大学を卒業するまで待って子供を作ったらしい。


ポリガミ(一夫多妻)が男の憧れだというのは本当の話で、学校の先生と話していてもよくその話になる。
「俺は5年後にもう一人奥さんをもらいたい!」
ってな感じで。

でもやはり問題はお金。
そして奥さんたち同士のジャルー(嫉妬)。

お金もないのに欲望のままにポリガミ(一夫多妻)をしている人もいるが、批判されることが多い。
やはり子供の教育にお金をかけることができないというのが問題のようだ。


こんな感じでポリガミ(一夫多妻)が普通になっているベナン。
田舎の方に行ったらもっともっとすごいんだと思う。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114124305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。