投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2009年02月26日

パンジャリ旅行

学校が1週間の休暇に入ったので・・・
休暇をとって2月21日から26日まで同期隊員で北部の町、ナチティングーへ行ってきました!
そして今回の最大の目的はナチティングーのさらに北のパンジャリ自然公園へ行くことで、そこでは何とサファリができるのです!
ナチーパンジャリ地図.jpg



21日
この日はコトヌーを6時半に出発し、ナチティングーへ16時半に到着。
約10時間のバスの旅。
夜はナチティングーで活動している後輩隊員の家に泊めてもらいました。


22日
同期隊員たちとの集合がこの日の夜なので、昼間は数人で「タタソンバ」という伝統的なソンバ族の家があるブクンベという村へ行ってきました。
道のりはもちろん土道。
アップダウンがあり本当に景色のきれいな道のりです。
ブクンベまでの道.JPG


道中ではバオバブの実を入れた水を飲ませてもらったり・・・
バオバブ水.JPG

またチュクトゥーというミル(雑穀)を発酵させたローカルビールを飲ませてもらったり・・・
本当に普段できない経験ができました。

そしてソンバ族の家「タタソンバ」。
タタソンバ.JPG

土のかたまりをくり抜いて作ったようにも見えるこの家。
2階にも行くことができ、穀物などを貯蔵する場所もあります。
家の前にある土の塊は、家族の魂を表しているようです。
本当に不思議で魅力的!

そしてその後アクシデントが・・・。
運転手が何かしらの違反をしていたみたいで、憲兵隊に足止めをされることに・・・。
結果的に2時間以上待っただろうか・・・。
これには2つの理由が。

理由@・・・権力
自分たちが足止めを食らっているときにスペイン大使館のバスが到着。
そして中にはたくさんのスペイン人と思われる家族が。
完全に自分たちの処理は後回しで、この人たちのパスポートの処理。
大使館の権力、恐るべし。

理由A・・・交渉
運転手は違反の罰金を18000フラン(約4500円)払えと言われていた。
そんな大金を普通の運転手が持っているわけない。
そこでこの運転手は粘りに粘った。
最終的には2000フラン(約500円)で決着。
交渉すれば罰金まで下がるんかい!!
でも結局この罰金も憲兵隊の人のポケットマネーになるのだろう・・・。

とまあ何だかんだいろいろあったのですが、現実が見られてよかったです。


23日
この日はついに同期隊員たち+ナチ隊員でパンジャリへ行く日。
胸が高鳴ります!
というのも自分がアフリカに興味を持ったきっかけは、小学生の時に見たテレビの動物番組。
そんな単純なことだけど、アフリカに憧れるきっかけとなったサファリ。
興奮!

朝6時に車2台で出発。
乾季で特に乾燥している北部は本当に昼間と夜の気温の差が激しい。
サファリカーで行ったので、まだ暗いうちに上に乗っている人たちは凍えていました・・・。
道中の風景。
水を運ぶ村人.JPG


そしてついにパンジャリに到着。
でもなかなか動物が出現しません・・・。
ここに入ったらどこでも動物が見られるかといったらそういうわけではなく、水を求めて水場の周りに集まるようです。
そして水場に到着!
いましたいました!
水場の中には大きなカバが!
カバとヒヒ.JPG
そのバックにはヒヒがいます。

しばらく様子を見ていると、いろいろな動物が来ては水を飲んで帰っていきます。
そして昼時だったのでいったんホテルへ向かうことに。
その途中でもたくさんの動物を見ることができました。

イボイノシシ.JPG
これはイボイノシシ。
子連れもいました。

コウノトリ.JPG
これはコウノトリの仲間。

そして道中で面白い光景が。
ライオンの手がかり.JPG

ヒヒがたくさん木に登って、一方向を見ているのです!
これはライオンから身を守っているらしく、近くにライオンがいる可能性が高いとのこと。
一気に緊張感が高まる。
しかし残念ながら今回は空振り。
見ることができませんでした・・・。

ホテルに到着。
そしてここで思いもしなかった問題が!
ホテルを予約していたはずが、前日に来る予定だったスペイン大使館が予定を変更して遅らせたために、自分たちが泊まる部屋がないらしい・・・。
はぁ!?
またしても大使館の権力にやられるとは・・・。
それにしてもこんなことってありか?
野宿みたいなものですよ。野宿!
ホテルの敷地内といえど、プールで泳ぎながらシカが見え、ホテルの情報ボードにはホテルから500mのところにライオンの目撃情報が!
ガイドは「安全だ」と言うが、そんなこと信用できるか!
しかもせっかく来たんだからベットで寝たい。

15時半、その問題を残して午後のサファリツアーへ出発することへ。
道中には見慣れないものがたくさんあります。

アリ塚.JPG
これは巨大なアリ塚。
そこら中にたくさんあります。

ゾウの手がかり@.JPG
これはゾウのフン。
ということはゾウが近くにいるかもしれないということ!
またもや胸が高まる。

ゾウの手がかりA.JPG分りますか?木が倒れているのが!
これはゾウの仕業らしく、このような木もたくさん現れてきました。

そしてついに!
ゾウ.JPG

野生のゾウです!
群れのゾウ。
家族連れのゾウ。
一頭だけのゾウ。
木を食べているゾウ。

本当に感動です!
もうライオンが見られなくても満足!
とまで思ってしまいました。

その夜。
まだホテル問題が残っている。
夕食後、同期隊員がホテル側やガイドと話をつけてくれ、何とか部屋を空けてもらえることに。
またそれだけでなく、22時くらいまで部屋に入れなかったということで粘って交渉をしてくれ、18000フラン(約4500円)の部屋が、12500フラン(約3125円)に!
ありがとう!
もし自分が1人だったら、あっさりと仕方がないと思って野宿をしていただろう・・・。


24日
6時45分にホテルを出発。
今日の目的はライオン。
暗いうちからホテルの周りの草原を周る。
そしてすれ違う車から情報を得る。
情報を得る.JPG

その後車はすごい勢いで飛ばし、ある場所で止まった。
そして一瞬静けさが。
前の車の同期隊員たちがカメラや双眼鏡を取り出す。
その先を見てみると・・・
ライオン.JPG

いました!
メスライオンです!
この距離がめちゃくちゃ近い。
車から10mくらいしかないと思います。
ライオンと向き合う.JPG


そして、わー、感動!と思って見ていると、「ガオー」というライオン独特の唸り声が!
そうです!
オスライオンもいたのです。
オスがいたのは100m〜200m先。
それでも腹の中に大きく響くこの唸り声。
見ていると少しこっちに向かって走ってきたので、正直一瞬ビビりました。

その後川のところで車を止めて、ガイドの説明を聞くことに。
どうやらライオンはカップルだったらしく、オスライオンの気が荒くなっていたようです。
またライオンの狩りを期待していましたが、大きな動物を狩るのは1週間に1回程度らしく、その他は大きな狩りはしないようです。

向こうはブルキナ.JPG
説明を聞いていた川辺。
対岸はブルキナファソで、キャンプを張っている地元の人たちがいました。

さて、大きな目的も達成し、ナチティングーに戻ることに。
帰りにもカバを見た水場に立ち寄りました。

ワニ.JPG 
口を大きくあけたワニ。
分りますか?

バッファロー.JPG
水を飲みにきたバッファローの群れ。


そして帰りにタノグーの滝というところの立ち寄り、滝で泳ぎました。
タノグーの滝.JPG

蔓を伝って崖の上に登ることができ、そこからダイブします。
自分たちはせいぜい5m程度が限界。
でも地元の人は自分たちの倍以上のところからダイブ。
身体のつくりが違うのでしょうか!?

また帰りの道ではベナンの主要産業である綿花がトラックでたくさん運ばれていました。
コットントラック.JPG


25日
昨日まで毎日早起きだったので、今日はゆっくり寝て、「ブレッシュ・ド・ナチ」という、ブロシェット(牛肉の串刺し)で有名な店へ。
ここはタタソンバの形をしていてとてもオシャレ。
そして山の上にあるので眺めが最高!
自分はここに来るのが2回目(10月に研修で来た)なので、同期に紹介するつもりで連れてきた。
が・・・。

肝心のブロシェットがない・・・。
仕方なくホロホロチョウを食べました・・・。

そして午後。
ナチティングーから30分程度で行ける、コウタ滝へ。
再び滝で泳いで、ダイブをしました。
どれだけダイブが好きなのか!?と思うかもしれませんが、レジャーのないここでは楽しいんです。
コウタ滝.JPG


26日
6時半のバスでナチティングーを去り、任地のポルトノボに18時前に無事到着。
赴任の時は、ベナン隊員の人数が多くてちょっとどうなのかなと思っていましたが、今となっては本当に良い仲間に巡り会えて良かったと思っています。
そして同期みんな仲が良くて良かった!
次回は同期全員で行きたいな。

みんなでガイドと.JPG

posted by 赤石 at 23:59| Comment(7) | TrackBack(0) | 地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい、すごい♪
いいね〜同期旅行&サファリ!!
ベナン、きれいだね〜
ネットの調子が良くなくて、全部の写真は確認できなかったけど、ベナンメンバーの顔を見れて、元気でました☆
Posted by トモ@ガボン at 2009年03月02日 23:51
いいな〜すんげえ〜サファリ〜

亀は膳膳見れない・・・・

うらやましい〜!!

しかもみんなで楽しそう!!!

ベナン行きてえな〜行けねえな〜

キショウ!

トモ同様みんなの顔見れてよかったよ!!
帽子の髭の人誰?

Posted by かざまん at 2009年03月03日 04:45
赤石先生、こんにちわあ!
今日、3年生を送る会が行われました!
先生のビデオレターも見ました^0^*
皆、『わぁ〜♪』って喜んでました☆
真剣に聞いてました。
金曜日は卒業式です・・・。
先輩がいなくなるのはさみしいけれど、
私達も3年生として頑張って学校を
ひっぱっていきたいと思います!!
先生、これからも頑張ってください!!^^
Posted by 2−1 at 2009年03月04日 21:20
こんにちは!
大和中学校の3年生です
自分は先生が担任ではなかったんだけど
昨日の送る会でみたビデオレターが
すごく印象的で
「あー、先生頑張ってるんだ!」
って思いました。
自分の知らない言葉を使って
現地の人と会話しているのは
なんだか不思議な気がしました。
卒業しても
またこのブログ見ます!
お元気で!
日本から応援してます!!
Posted by 三年生 at 2009年03月05日 07:53
赤石先生、
先生が、送ってくださった、DVD
見ましたよ!!

本当に、元気そうな、先生の、顔を見れてよかったです!
もう、明日は、いよいよ卒業式です。
私は、先生とは、まったく、かかわっていませんけど、、、、

本当に、ありがとうございました!!

これからも、先生、頑張ってください!!
私たち、3年生も、頑張ります!!
Posted by 三村恭葉 at 2009年03月05日 20:33
ええなええなええな〜
私も行きたかった…
スペイン人にやられすぎやし、ダイブしすぎやけど、空振り系が少なかったみたいやね!

うんうん、ほんまに20-1はみんなステキ!


はなし変わるけど、みんないい生徒さんやなぁ。私全然関係ないけど、なぜか泣けるわ〜
Posted by イトカナ at 2009年03月05日 23:12
→トモ@ガボン
ベナンもなかなかいいでしょ!?でもガボンでゴリラも見たいな〜。
→かざまん
俺もカメルーン行きたいんだけどね〜、残念!帽子の人は後輩隊員です。
→2−1
ビデオレター無事届いたんだね。良かった良かった!もう3年生だね!進路を選択する大切な年になるけど、焦らずがんばってね!
→三年生
卒業おめでとう!直接言えないのは残念だけど、それぞれの舞台で頑張っていきましょう!
→三村恭葉
卒業おめでとう!中学校のHPを見る度に、みんなの充実した生活がよく伝わってきました。高校でも頑張ってね!
→イトカナ
本当に素敵な仲間に巡り会えたよ。それにしても本当にいい生徒たちだなーって自分でも思うよ。何だか活動の励みになる!
Posted by 赤石 at 2009年03月06日 17:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114950137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。