投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2009年03月03日

研修再び

1週間の休暇が明けたと思ったら、今日から2日間教員研修。
よって生徒たちはいつものようにすぐ下校。
あらかじめ分っているんだから知らせてやれよ・・・。
と毎回思ってしまう自分。

今回の内容は中学卒業試験の問題作成(!?)
ベナンの試験問題(普段の授業も一緒だが)は、物語から始まります。
例えば・・・

太郎君は田舎のおじいさんの家に遊びに行きました。
そしておじいさんと散歩をしているときにある光景を見ました。
工事現場で若い新米たちが、セメント袋などを背負いながらはしごを登っています。
そしてある新米が、タイルを拭くための酸のボトルを持ってはしごを登っているときに、ふざけあっていたことが原因で、酸のボトルを落としてしまったのです。
「危ない!」
その酸のボトルは鉄製のはしごにかかってしまいました。
・・・

これは実際の試験問題ほぼそのままなのですが、こんな感じで「化学反応」や「物体の落下」の問題につながっていきます。
無理があるように感じますが、こっちの先生に聞くと、
「これが実験的内容だ。」
と答えます。
実験があまりできないから状況をイメージさせるためと言えばそれまでなのですが、国語の読み取り問題のような感じもしてしまう内容なのです。

今回の研修の最初の課題はこの文章をグループごとに作ること。
わざわざ研修で現場の教師たち全員に作らせなくても、少数で作ればいいのに・・・と思ってしまうのですが、ここはベナン。
班ごとに4種類の物語を作り、そしてそれをすべて黒板に書きます。

4つの物語.JPG

そしてみんなで話し合って4つのうち2つが結構良いということに。
ここからどうやって決めるのかなと思って見ていたら、何とくじを用意して女性教師がくじを引いて決めてしまいました・・・。
もちろんそこから修正を加えたりしたのですが、この決め方に少々びっくりです。

その後も問題についてだらだらと考えていきます。
前回の研修でも思ったのですが、こっちの研修には実践的な要素がほとんどない。
だから実践的な研修がやりたい!

ということで、実は計画を進めてきていたのです!
明日の研修会では1時間半ほど時間をもらって自分が研修を行います。
どうなるか楽しみ!!
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。