投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2009年03月23日

虎の威を借る狐?

今回は安全対策の話。
隊員の住居は基本的にはすべてベナン側が探して、お金を払うのですが、さらにそこにJICAも協力をして鉄格子をつけて、外部の者が侵入できないようになっています。
そして不安のある住居にはガルディアン(警備員)をつけることができます。
自分が住んでいるポルトノボのヨボ(白人)マンションにも数ヶ月前からガルディアンがついていて、2人で交代しながら24時間体制で警備をしてくれています。

そして今日はJICA事務所の安全対策クラークが、ガルディアンの指導をしにポルトノボに来ました。
新旧2人が来たのですが、2人とも元警察署長。
片方は最近まで隊長としてハイチに派遣されていたほどの人で、身体もでかいです。
自分の家を見たり、様子を聞いたりして、てきぱきとガルディアンに指導をしていきます。

そしてその後、自分たち隊員を連れて警察署にあいさつに。
2人の顔を見るなり、働いている警察官はビシッとして、丁寧にあいさつをしにきます。
完全に虎の威を借る狐状態の自分たちは、偉くなった気分。
そして警察署長、副署長に直接あいさつをし、自分たちと電話番号の交換をさせ、どんな小さなことでも何かあったら電話するように言ってくれました。

生活環境のあまり良くないアフリカの地で、生活、活動の場を与えてもらっているだけでなく、安全面、健康面でもしっかりとした対応をしてくれていて、本当にありがたいです。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116258513
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。