投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2009年05月07日

何事も相談!

今日隣の学校の生徒指導の先生の所に、今後のゴミ拾い活動について相談をしに行った。
これまでも何度か話をしに行ったことはある。
だけど今回は、
「自分が帰国した後も続けていってほしいので一緒に活動しましょう。」
ということを前面に出していった。
そうしたら、テスト週間終了後に全クラスを一緒に回って、ボランティアを呼びかけようということになった。
集めたゴミの処理も市役所にお願いして来てもらおうということになった。
やはり何事も相談!
自分だけからまわっても仕方がない。

P.S
生徒指導の先生と話をした後、理科準備室に行ってみると、他の学校の先生たちが実験の準備をしていた。

実験準備.JPG

というのも高校3年生で受験するバカロレア(大学入学資格試験)では、実験の実技もあるらしい。
普段やってもいないのに・・・。
というのもこの学校に実験道具があるのが特別で、他の学校には実験器具なんてほとんどない。
だから試験前にはこのようにして先生たちがこの学校へ来て、実験道具を借りて自分の学校で行うそうだ。
完全にフランスの制度の輸入でベナンの現状に合っていない。
でもこれが多くの途上国の現実なのだろう。


P.SのP.S
今日ピヨ3羽が突然姿を消した。
あれだけスーさん(雌鶏の鈴木さん)がいつもガードしていたのに・・・。
鳥か!?蛇か!?
でも一気に3羽も食べられるということは考えにくい。
じゃあ人間か!?(盗難)
帰ってこなかったらマジで悲しい・・・。

posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 周りの人を巻き込んで何かするって大事だよなあ。自分がいなくなっても続けていける活動、このためにいろいろ準備や計画をしなきゃね。残り10か月、挑戦していこうで。
Posted by ケニャイチロー at 2009年05月17日 22:58
→ケニャイチロー
そうだね。自分がこの地にいたというしるし、少しでも根深く残したいよね!
Posted by 赤石 at 2009年05月18日 06:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。