投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2009年05月25日

教員の評価

今日授業終了後に先生の家に行くことになっていたので、授業終了後に学校へ。
(ガルディアンのボスとお金のやり取り等をしていたので、授業は実際に見ることができなかった。)
そうしたらなぜかいつもと様子が違う。
どうやら今日は指導主事2名が来て授業の視察を行っていたらしい。
そして授業後の話し合いだけ一緒に参加。
こういう制度があったというだけで驚きなのに、結構的確なアドバイス。

例えば・・・

先生「今日は指導主事の先生たちがいたからみんなおとなしくしていたけど、いつもはしゃべったり立ち歩いたりしていて本当に大変なんです。」
指導主事「授業のルール作りがしっかりできていないんだ。学年が始まってすぐの時にルール作りをしっかりして、それをやぶった生徒を叱っていかないといけない。初めが肝心なんだ。」

先生「このテスト問題をどう思いますか?」
指導主事「これではテキストの暗記と一緒だ。もっと身の回りにある身近なものを出していかないと。」


教育がうまくいっていないということで自分たち協力隊員が派遣されているはずだが、こっちが勉強になることもたくさんある。
ただ確かに内容によっては遅れている部分もある。
そういった内容が自分たちの力の見せ所なのである。

P.S
今日町中や学校、職場でたくさんの人に、
「テレビ見たぞ!良かったぞ!」
というような声をかけられた。
先日の教員研修の件、どうやらちゃんと自分の姿も放送されていたらしい。
テレビ大好きなベナン人に情報を流すには、報道をうまく使うのがいいのかも。
頻繁に行うことは難しいが、活動に有効利用できるのではないかという可能性を感じた。

posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 いやいやそのとおりだね。アフリカでも学ぶことがたくさんあるもんね。
 ルール作りや問題作りのことなど、さすが指導主事はわかってるね。
 俺は今風邪でダウン中。いろいろ考えるいいきっかけだと思って、前向きに生活しています。
Posted by ケニャイチロー at 2009年06月01日 14:34
→ケニャイチロー
そうなんだよねー、アフリカといっても上の人はすごくいろいろな知識がある。そして現地での経験も。だからそういう人と上手に付き合って話を進めていけるといいなと思ってるよ。風邪は大丈夫?体調には気をつけようね。
Posted by 赤石 at 2009年06月04日 03:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。