投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2009年11月16日

コトヌー観光、そして帰国へ

旅行最終日はコトヌー観光。
まずは隊員の配属されている漁港へ行き、同期のMさんに案内してもらう。

漁港.JPG

ここは漁港内の託児所。
昼寝の時間だったのに見慣れないヨボ(白人)が来たものだから大騒ぎ!
Kちゃん本当に申し訳なかった!

託児所.JPG

その後歩いてここも隊員の配属されている「HOMEL(ラギューン母子病院)」へ。
というのも何とここの先生と親父が知り合いになっていたのです!

話は数週間前にさかのぼります。
このHOMELの先生が日本に研修に行っており、その際和歌山県田辺市(実家)にある病院を訪れたらしいのです。
そのことが地元の紀伊民報という新聞に掲載されて、それを見た親父はベナン人が他人に思えずどうしてもあいさつがしたかったらしく、すぐにその病院へ駆けつけました。
しかし駆け付けたころにはすでに研修が終了しており、もう大阪へ戻る日。
何と今度は駅に駆けつけ、そこでやっとあいさつをすることができたらしいのです。(もちろん通訳さんを通してです)
それに感銘を受けたHOMELの先生はベナンに帰国してからJICA事務所で「日本で赤石さんという人にお世話になって、もうすぐベナンに来るらしいからお礼がしたい。」ということを伝え、電話番号を残していったのでした。
(親父の行動力に息子もびっくりです)

ただ会うことができたのは両親が帰国する今日。
家に招待をしたかったというこの先生はがっかり・・・。
そこで忙しいところ時間を作ってくれて、食事だけ一緒にしに行きました。
自分が通訳をしながら両親とベナン人の先生をつなぐ。
本当にちょっとしたことがきっかけで、こうやって人と人のつながりができるのが面白いなーとしみじみ思ってしまいました。


その後は西アフリカ最大のマルシェ(市場)、「ダントッパ市場」へ。
その人の多さとパワーに両親はびっくり!

ダントッパ1.JPG

ダントッパ2.JPG

そしてCPAというお土産センターに寄って、数少ないお土産の中から日本への品を選ぶのでした。


夜、いよいよ出発の時。
寂しいという気持ちはない。
(高校のころから父親は単身赴任、大学からはずっとひとり暮らしである。)
ただ、両親にそろってベナンに来てもらうことができたなんて、本当に幸せなことだと思った。

案外デリケートで、常に虫よけをふりまくり、タクシーの中でも排気ガスを気にしてタオルを鼻の周りに巻き、現地食には進んで手を出さない親父。
それでもベナンに来るにあたってフランス語を勉強して来て、難しいフランス語の数字を1〜100まで言えるようになっていた。(どうして10までじゃ満足しなかったんだろう・・・)
そしてやたらと人に年齢を聞いて、それを聞きとってしまう・・・。
「何で昼過ぎなのにボンソワールなんだ?ボンジュールじゃないのか?」とベナンフランス語の怪しいところにも気づいてしまった。
町中の子どもにも、謎の中国人のような日本語で話しかけてコミュニケーションをとってしまう。

そして意外にもアグレッシブなオカン。
現地食には積極的にトライし、「あんまりやなー」「これはおいしい!」と評価。
テンションの高いベナン人女性と共に、同じ様なテンションで頬をつけて抱き合ってあいさつをしている。
ずっと主婦で外に出る機会が少なかったからか、超羽を伸ばしている感が・・・。
実はめちゃめちゃ適応力があるのかも・・・。

そんな両親の知らない一面を見ることができたのも今回の旅のおかげ。
もしかしたら両親自身にとっても新たな一面の発見があったかもしれない。

今回両親を迎えるにあたって目標にしていた、「生活・活動する姿を見てもらって安心してもらう」「海外旅行を楽しんでもらう」「途上国について少しでも理解してもらう」ことは達成できたかな!?と思う。
そして自分なりに精一杯親孝行もすることができた。

そして、

「ありがとう!来て良かった!」

と言って帰って行った親の言葉が無性にうれしかった。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 視察の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
や〜、このご両親来べの一連の記事、いいね〜。心があったまりました。私もたまには実家にSkypeするかな。
このご両親あっての君であることがよーくわかったよ。そりゃ、協力隊員になりますわ。なるべくしてなったんだね!
Posted by yuchan at 2009年11月24日 12:38
ご両親にとっても,赤石くんにとっても,すごく充実した旅になったね。すごいな〜!
っていうか,いつの間に実家が和歌山へ?!
Posted by S☆M at 2009年11月25日 21:39
素敵な誕生日を迎え、そして、充実した旅行ですね。協力隊員になる事についてもそんな経緯があったなんて知りませんでした。来年、色々な経験を積んだ話を聞かせてもらうのを楽しみにしています。
Posted by miyoko yamada at 2009年11月28日 09:30
初めまして。赴任された時の記事からずっと読ませて頂いています。
私自身がもう何年も前から協力隊(特にアフリカ)に興味があるためです。
いつも様々な視点で書かれている記事に考えさせて頂いたり、感動しています。
今回のご両親の記事、本当によかったです。
心があたたまりました。
何をするにも、周囲の支えがあってこそですね(^^)
これからも、陰ながら応援させて頂きます。
お身体にお気をつけて活動なさってください。
Posted by m at 2009年11月30日 22:52
→yuchan
そう言ってくれてありがとう!両親は全く俺とは違う感じだと思っていたけど、要所要所で似てるんだよねー。びっくりした!
→S☆M
俺は転勤族だったから小6から愛知で、それまでは和歌山、その前は埼玉って感じだったんだよね。両親の実家は兵庫なんだけど。どこが実家なのか自分でもよく分からないんだ。
→miyoko yamada
そうなんです。実はいろいろあった上での協力隊希望だったんです。もう4ヶ月後には再び大和!?再開できるのを楽しみにしています。
→mさん
はじめまして。ご丁寧にどうもありがとうございます。両親の訪問は私にとっても本当に大きなものになったと思います。これからもブログの方のぞいていただけると幸いです。ありがとうございました。
Posted by 赤石 at 2009年12月02日 10:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。