投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2009年12月20日

マイカリ?

先日友達のお母さんの誕生日会で、ひとりの女性が話しかけてきた。
「日本のどこから来たのですか?」
言っても分からないだろうなと思いながらも、
「名古屋の近くです。」
と答えたところ、
「高山の手前ですね。」
と言われた。
ベナン人の口から「高山」という地名が出たことにびっくりして、話しを続けていると、
「マイカリを知っていますか?」
(何だマイカリって?)
「日本の宗教です。」

とやっとここで気がついた。
そういえば前誰かが言っていたような気がする。
アフリカに「真光教」の人がいると。
そして後から調べたところ真光教の世界総本山が高山にあるらしい。

マイカリというのは「MAHIKARI」をフランス語で発音した呼び名である。(フランス語はHの音を発音しません)

そして今日そのセレモニーがあるということで、宗教自体にはまったく興味ないのだが、日本の宗教がどういう形でアフリカに存在しているのかということに興味があり、行ってみることにした。

朝9時家の前集合だったはずだが、誰もいない・・・。
友達とたまたま会って、
「10時からスタートだと言っていたよ。」
と言うと、
「私も行くから11時に出発しよう!」
と言われた。
超アフリカン・・・。

そして迷いながら行ってみると、たまに通る道沿いに「MAHIKARI」の文字。

マイカリ.JPG

中ではもう始まっていて、代表のような人が教えを説いていた。
前には漢字で「真光」という文字が。

教説.JPG

そして話を聞いていると、たまに日本語だと思われる言葉が出てくる。

そしてその後みんなで手をかざしながら何やら唱え始めたのだが、それがすべて日本語である。
どうやって覚えたんだろう?
やっぱり丸暗記かな!?

そして終わった後には教徒の人たちだけでもう一度お祈り。

日本語で唱える.JPG

その後日本人の自分は丁寧にあいさつされ、手をかざして光を見せてくれるという。
何だか気持ち悪かったので自分は興味ないと言って断ったが、他の初めてきた人たちはそれをやってもらっていた。
唱えてもらっても日本人でさえよく分からないのに、ベナン人が何を感じるんだろう?
「光が見えた!」と答えるのだろうか!?

それにしてもこの日本でも少数派の宗教がどうしてアフリカの地に?
そしてこの「真光教」だけでなく、「創価学会」のベナン人もいる。

謎は深まるばかりである・・・。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケニアでも天理教があるよ。
アフリカにはいろいろな日本の宗教があるよね。

さて3ヶ月きったね。
ラストスパート、がんばっていこう。
Posted by ケニャイチロー at 2009年12月25日 06:13
→ケニャイチロー
天理教まであるんだー、すごいね!
ラスト3か月、できる限りのことをやって、日本でうまいビール飲もうな!
Posted by 赤石 at 2009年12月27日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136247478
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。