投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2008年07月03日

治安状況

今日の午後は治安状況の視察ということで、車でコトヌー市内の危険だと言われているところを見てきました。
普段生活している場所とはまったく違い、人の数、そしてそ喧噪に圧倒されました。
比較的安全といわれている国でもやはり港近くなど危険な場所はいくつかあり、これから気を付けて生活をしていかないといけません。
それにしても自分たちは車の中から様子を見ていたのですが、逆にスラムで暮らす人々から自分たちはどのように映ったのでしょうか。
「Japon」と大きく書かれた車での視察。
仕方のないことなのかもしれないけど、何だか複雑な気分でした。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 現地語学訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

ごちそう?

今日からフランス語の授業が開始。
朝8:00から12時半までみっちり授業です。
ここではベナン人特有の発音を習得しなければいけません。
先生はとても良い人で表現力がとても豊か。
まるで竹中直人のようです。
とても熱心に教えてくれ安心しました。
そして授業後、事務所前の屋台で昼食。
毎日ピリ辛のベナン料理を食べていると、さすがに飽きてしまいます。
しかし何とここにはオムレツ!?があるのです!
満腹とまではいきませんが、久々のごちそうに感じました。

オムレツ.JPG
オムレツとフランスパン。卵2個入りで400フラン(約100円)。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 現地語学訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

店番の少女

明日からフランス語の授業が始まるのですが、ノートがないので道端の店へ。
そこで店番をしていたのは、まだ小さな女の子。
「これは200ページ」「これは300ページ」と愛想良く話しかけてきます。
学校はどうしたのだろう?
通わせてもらえていないのだろうか?
聞くことができないまま、複雑な思いで店を去りました。

店番の女の子.JPG
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 現地語学訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

日本語を話すベナン人

今日はフランス語のテストを行い、その後銀行口座の開設へ。
直接の手続きはJICA専属の現地スタッフがやってくれたのですが、銀行員の対応が本当に横柄で腹が立ちます。
それは銀行だけにかかわらず、スーパーなどほとんどの場所で店員は無愛想です。
つい先日もスーパーで水を買うのに大きなお札を出したとき、「お釣りがないからあっちのレジへ行け」と言われたので、別のレジに並んでいたら、そこでも同じことを言うのです。
何だか腹が立ったので、結局買い物もせずにそのまま店を出てしまいましたが、こういうことがよくあります。
他の国に行った時も同じようなことを感じたことがありました。
それを考えると日本はどの店も愛想が良く(悪くなく)、本当に気分が良いと思います。
ベナンでは道端に歩いている人などは本当に愛想が良く、優しいのにどうしてでしょうね。

でもそんな中、銀行でとても愛想の良い日本語を話すベナン人と出会いました。
見たところ40代か50代くらいの方ですが、ゾマホンが設立した「たけし日本語学校」で日本語を4年間勉強したらしいです。
おじさんは日本語を勉強しているけど、ベナンには日本人がほとんどいないため、それを実践する機会があまりないらしく、自分たちと話せたことが本当にうれしそうでした。
そしてうれしそうに日本語を話すおじさんを見て、自分たちもフランス語や現地語を頑張らないとなと思いました。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 現地語学訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

サッカーボール

今日は昨日の場所で大人に混ざってサッカー。
飛び入りだけど、大きなゲームに入れてくれました!
途中出場で何とか1点取ることができたので、次も入れてもらえるかな!?

その後歩いて海岸へ。
ベナンの海は荒くて泳いだらダメと言われていたけど、見てその意味がよく分かりました。
自分が泳いだら確実に死にます。
それくらい波が荒くて、沖に引きづり込まれそうです。

それにしてもこの国のサッカー人気はすごい。
ボールを持って歩いているだけで、いろいろな人が声をかけてきます。
写真はその一部。子どもたちもボールが大好き。

子どもとボール.JPG
posted by 赤石 at 23:59| Comment(10) | TrackBack(0) | 現地語学訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

ことば

今日はベナンでの初めての休日。
昨日教えてもらった場所へボールを持ってレッツゴー!
やっていました!
大人から子供までみんな真剣です。
自分は中学生くらいの子供たちとやったのですが、地面は砂場のようで足をとられ、1分も経たないうちに足がパンパンに・・・
でも子供たちは本当にすごい!
ほとんどの子が裸足でやっていたのですが、同じくらいの年の日本の子供よりかなりうまいです。
これも圧倒的な人気だからでしょうか、みんな小さな頃からやっているようです。
そして相手をかわす時などの一瞬のスピードがめちゃくちゃ速いです。
アフリカ人の身体能力の高さを感じました。
そしてサッカーという世界共通のことばの素晴らしさも再確認しました。
でもその中で、サッカーが好きなんだけどシューズやボールが買えない現実があります。
日本の子供たちは本当に恵まれています。

ことば.JPG
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 現地語学訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

コミュニケーション

オリエンテーション2日目。
駐在員の方がこんな言葉をくれた。
「道を歩く人 歩いたあとが道になる人」
自分は前者が良くないとは思いません。
だって他人が作った道を歩くのは楽かもしれないけど、他人と比較されたりと大変な面もたくさんあるから。
でも自分にしかできない活動ができればと思いました。

午後は外務省へ表敬訪問。
日本担当の人はなんと女性。しかも20代。
途上国ではまだ男尊女卑の国が多い中で、ベナンはその点進んでいます。

夜はベナン人とのコミュニケーションを求めてふらふらと・・・
というのもこれまでは語学訓練中ホームステイをしていたらしいのですが、今回の派遣が16人ととても多く、受け入れ先が見つからないなどの問題で、集団生活をしているのです。
だから自分で場を求めないと、ベナン人との交流はほとんどありません。
夜、露店のようなところでベナン人に声をかけコミュニケーション。
「サッカーがしたい」というと、やっている場所を教えてくれました。
明日は様子を見に行ってみます!

パット.JPG
ベナン料理「パット」。トウモロコシの粉からできているようです。150フラン(約35円)
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 現地語学訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

アチョー

今日はベナン初日。
調整員の方からオリエンテーションを受けました。
携帯や蚊取り線香、虫よけスプレー、マラリヤ予防薬などをいただきました。
そして午後は事務所へ行ったり、宿の周りを散策したりとあっという間の1日。
町を歩いていると「ヨボ、ヨボ(白人)」と子供たちが声をかけてきます。
ベナンの人から見たら、日本人も白人に見えるようですね。

アチョー.JPG
ベナンの少年。アチョー!
posted by 赤石 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 現地語学訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。