投票手(チョキ) blogram投票ボタン

2010年02月09日

部屋に迷い込んでしまった鳥の運命

朝起きて実験指導書の作成のために学校へ行こうとしたら、家の裏が騒がしい。
何と家の裏にあったバオバブ(見た目はバオバブとは思えないが、現地の人はそうだと言っている)から出火して、今朝倒れてしまったらしい。

倒れたバオバブ.JPG

樹齢400年のバオバブ。
現地の人にとってどういう存在だったのかは定かではないが、他の場所に立っている大きな木は、神聖な存在となっている。
自分も大好きだったこの木。
屋上からの景色がガラッと変わってしまった・・・。

ビフォー

ビフォー.JPG

アフター

アフター.JPG

そしてこの日は8:00から14:30まで指導書の仕事をして、その後職場の上司の家へ。
昨日、上司に「タクヤ!家にla bière de la racine(根っこのビール)があるぞ!飲みに来い!」
と言われていたのである。
根っこのビールだからフィジーとか大洋州にあるカヴァのようなものかなと思って行ったら、それは中国ビールだった・・・。
どうやら「la bière de la chine(中国のビール)」だったらしい・・・。
フランス語はやっぱり難しい。(まあ自分の聞き間違いだが・・・)

中国ビール.JPG

それにしても中国ビールがとてもうまく感じた。
上司の話ではベナンのビールはトウモロコシから作られているらしい。
つまり、日本的にはこれまで飲んでいたものはちゃんとしたビールではなかったのだ!
これまでも「日本のビールの方がうまいなー」と思っていたが、その理由がはっきりした。
確かにベナンではトウモロコシは採れるが、麦は採れない。
よく考えたら当たり前の理由だった。


そしてしばらく飲みながら上司としゃべっていると、いきなり部屋から鳥が飛び立った!
昼間に迷い込んだんだろうなーと思っていると、上司が「タクヤ!捕まえるぞ!」と言って、玄関のドアを閉めてしまった。

そしてここからが衝撃だった・・・。

捕まえて渡したら、すぐに台所へ向かって鍋に入れて、火にかけてしまったのだ!
ビールのつまみにして食べるのかと思ったが様子が違う。
部屋に鳥の羽が落ちていないか真剣に確認している。

ベナンでは秘密結社が鳥に忍び込んで部屋に入ってきて、1度目は病気をまき散らしに、2度目は殺しにくると考えられているらしい。
羽も部屋に残っていてはいけなくて、見つけたら一緒に焼かないといけないらしい。

途中で家に帰ってきた奥さんも、最初は「火事になるでしょ!!」と怒っていたが、鳥がいたということを聞いて納得。
そしてめちゃくちゃ怖がっていて、上司と真剣に話をしていた。

奥さん「エリザ(娘)には言うのやめましょ!怖がって家にいられないわ!」
上司「そうだな。絶対に言うなよ!タクヤもだぞ!」

結局鍋の中の鳥は、真っ黒の炭になるまで焼かれてしまった・・・。

灰となったトリ.JPG

周りに若干飛んでしまった灰を鍋に戻す二人。

拾う.JPG

この灰は紙に包んでしばらくの間隠しておくらしい。
もしその辺に捨てたら、そこからまた復活するらしい・・・。

そしてベナン人の身体に細かくつけられている傷には、秘密結社対策で、このような灰が塗りこまれているらしい。

日本人が聞いたら「鳥が部屋に迷い込んだだけなのにかわいそう。」と思うだろうが、こっちの人たちはそれを真剣に信じている。
上司のような教育省で勤める知識人でもである。

土着の文化というのはすごい・・・。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

ナイス!ストライキ

今日はムッシュAと指導書作りの日。
毎週火曜日と木曜日の午前中は一緒に活動をしているのだが、最近その様子を毎回見にきて、実験の内容を聞いたり、「今度うちの学校に来て教えてくれ!」という先生たちがでてきた。
学校に来てくれと言った先生は、
「帰国前で指導書完成で精一杯だから無理だ。」
と言っているにもかかわらず、
「何とか数時間でいいから時間を割いて来てくれ!」
と言ってくれる。
正直なところめちゃくちゃうれしいのだが、そういううれしいことは、忙しい時に同時にやってくるようだ。
結局来週の水曜日の午前中に学校を訪問することに。
何でもいいから先生たちの勉強の場になるといいな。


そして先日、いつもストライキには泣かされていると書いたが、悪いことばかりではなかった!

実験指導書作成を一緒にしているムッシュA、学校には来ているもののストライキのため授業を行うことができず、普段なら授業をしている時間も一緒に指導書作りの活動をすることができた!
正直期限に間に合わせるのが精一杯だっただけに、めちゃくちゃありがたい!

めちゃくちゃ自分本位な理由だが、ストライキも捨てたものじゃない。(不謹慎か!?)
posted by 赤石 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

またか!ストライキ

今日は科学実験クラブの日。

だった・・・。

15:00開始の科学クラブだが、13:00頃電話がかかってきて、
「タクヤ、学校ではストライキが始まって、生徒に連絡することができなかっから、今日の活動はできないぞ!」

えっ?

と思ったが、確かに昨日火曜日から木曜日まで小学校、中学校ともストライキが始まっていた。
原因は教員の給料の値上げや退職教員の年金?アップ。
ベナンでは教職員組合が30程度もあるらしいが、どうやらすべての組合がストライキに入ったらしい。
この国のストライキには本当に泣かされている。
職場の教育省も結局昨年の6月から今もストライキが続いている。
職場が機能するのは月曜日と金曜日だけ。
それでも何とか半年以上乗り切れるところがすごい。

科学クラブについて言えば、正直もっと早く生徒に連絡していてくれれば活動ができたのに!と思ったが、ベナンの現状を考えると仕方がない。

帰国が迫っている今、この科学クラブの活動もあと1、2回しか見ることができなくなってしまった・・・。

posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

初めてのモデル授業

ベナン西部のクッフォ県で始まった教員研修プロジェクト。
今回はモデル授業の第1回ということで、トビクレン中等学校に行ってきた。

トビクレンまでは舗装路から離れて30分ちょっと土道を行かなければいけない。

行き道.JPG

たどり着くまでにいくつかの小学校も通過したが、その中の1校には日本の国旗が。
そう、ベナンでも日本の援助でたくさんの小学校が建設されているのです。

日本の援助.JPG

たどりついて待っていると、知り合いの先生たちが。
今日の研修会の進め方について話をしていたのだが、自分の視線の先は部屋の隅にある埃のかぶった実験器具に・・・。
地方の学校にも数は少ないが実験器具があることがあるのだが、実際には使われずに埃がかぶっているのが現状である。

埃のかぶった実験器具.JPG


そして9:00開始予定の研修会は、9:45くらいに始まった。
遅れはしたが、ベナンにしては上出来。
他の会場では11:00過ぎに始まった学校もあったらしい・・・。

内容はというと、「物理化学」「生物地学」「数学」の各授業50分ずつを見学し、その後検討会をするというもの。

初めての大人数の見学者に緊張気味の先生と生徒たち。
このクラスは人数が少なくて、日本と同じくらいの40人弱だった。

生徒たち.JPG

後ろで授業を見学する先生たち。

先生たち.JPG

3つの授業見学後、昼食をとってから検討会に。

検討会.JPG

そして今日授業をやってくれた先生をみんなでたたえる。
これは万歳をしているわけではなく、この後拍手のようなことをする。

みんなでたたえる.JPG

正直なところ、授業自体はあまりよくなく、1か月前に説明した、「授業に具体物を取り入れましょう。」というのはどの教科も実施していなかった。
残念なことではあるが、これは経験がないのだから仕方のないこと。
(今回の授業は立候補制だったため、おそらく校長の力でこの学校になったのだと思う。)
ただ、授業後の検討会が結構有意義な勉強の場になったのではないかと思う。
ただ、せっかくの授業見学の機会がもったいないので、もっと経験、実力のある先生を運営者側で選んで、良い授業というのを見て学ぶという機会にした方がいいのではないかと思った。

見学することができるのは1か月ちょっと後のあと1回だけ。
そしてその時には現在作成中の実験指導書配布セレモニーもしないといけない。
それが終わったら職場で報告会をして帰国。

早い・・・。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

久々の科学クラブ

今日は久々の科学クラブ。
ベナン人の先生と一緒に運営をしているので、今後のために先生が来られない日には思い切ってやらないようにしていたが、できない日が数週間続いてしまい、また自分の帰国も迫ってきてしまったために、今日は先生抜きで行うことに。
ただ伝え方が悪かったためか生徒の集まりが悪く10人程度。
実験室も先生が誰かに開けさせると言っていたのに、結局誰も開けに来ず、実験室の前でやることに。
ただ幸い人数が少なかったので、問題なく行うことができた。

今回は「振り子作り」。
棒に長さの違う糸とおもりをいくつか付けて、小刻みに動かすと、振動数の違いによってひとつだけを動かすことができるというもの。
日本で中学生相手にやったら地味な実験で終わるのかもしれないがここはベナン。
みんな本当に反応がいいんです。

自分「今日はこういうものを作ってみるよ。」
生徒たち「何それ?」
自分「みんなだったらどうやって使う?」
(生徒挙手)
自分「はい、じゃあやってみて!」
(生徒が棒をぐるぐる回して、糸とおもりがぐちゃぐちゃに絡まる・・・。)
自分「ちょっと違うみたいだねー。実はこの3つそれぞれに名前を付けて呼ぶと、それだけが返事をしてくれるんだよ!じゃあ名前をつけてみよう!」
生徒1「じゃあアレステッドと・・・・。」
生徒2「それじゃややこしすぎるからもっと簡単にしろよ!ベン、ブル、バスだ!」
自分「じゃあそれにしよっか。ベン!」
(一番上のおもりだけが動く)
生徒たち「んぁあ〜〜!?」
自分「バス!」
(一番下のおもりだけが動く)
生徒たち「エッテッ!!(ベナンで驚くときの現地語)」
自分「じゃあ実際にこれをみんなで作ってみよう!」

って感じで始めました。
使う材料はお金がかからないように落ちている木の棒とガラス瓶の王冠と糸。
ただ糸を持ってくることができなかった生徒が多く、自分が持ってきた糸を分けることに。
そしてそういう時にはいつもすかさず生徒が助けてくれる。

糸を分ける.JPG

みんな次々に王冠に釘で穴をあけたものに糸を通して、棒につけていく。

糸を切る.JPG

そして出来上がった生徒から実験開始!
生徒たち「ドナ!ドナ!あれっ?タクヤ、ドナが返事をしてくれないよ!」

止まれ!.JPG

本当に呼べば動くと思っているところがかわいらしい!
そして自分たちで実際に動かしてみて、どうやったらどの部分のおもりが動くのかを調べていく。

生徒3「タクヤ!ドナとジョゼフは動いたんだけどセナ(女の子の名前)は反応してくれない。俺は女の子あんまり好きじゃないからなー。」

生徒4「ガスパーは病気だから返事が出来ないんだ。」

病気かな?.JPG


みんな好き勝手に理由をつけて冗談を言いながら楽しく進めることができた。

まとめ.JPG


そしてまとめをして解散する時にある生徒から衝撃のひとこと。

「タクヤ、これでお金かせぐことできるかな?」

・・・
posted by 赤石 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

タムタム作り

ベナンでは中1の物理化学のプログラムの中にタムタム(アフリカ太鼓)作りが入っています。
そのため現在作成中の指導所にも作り方を掲載しようということで、実際に生徒にタムタムを作ってもらいました。

@空き缶の底を開ける。

底を開ける.JPG

A怪我をしないように開けたところを石で潰す。

つぶす.JPG

B空き缶にコメの入っていた袋を張る。

袋を張る.JPG

C張った袋をタイヤのチューブのゴムで止める。

ゴムで止める.JPG

D木の棒でゴムと袋を固定する。

木の棒で止める.JPG

E完成!

完成.JPG

ベナンの子どもたちはタムタムを作って、クリスマス前のイベント時などにたたきながら踊ります。
実際に1人の生徒がたたくと、もう1人の生徒が踊ってくれました。

踊りだす.JPG

文化の違い。
日本の生徒だったらできないだろうなー。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

川上り、川下り

今日は隊員たちとポルトノボから船で川を上って下ってくるというNGO主催のエコツアーに参加してきた。
このNGOは自然保護と貧困解消を目的とする団体で、料金設定は高めだが、その半分以上がNGOの活動費と地方共同体へのものとなっている。
ちなみに今回のツアーは9時から15時過ぎまでで、船1隻8万フラン(約1万6千円)、8人で参加したので1人1万フラン(約2千円)である。

船で川を上っていくと、いつも陸から遠くに見ている光景がものすごく近くで見ることができる。
これは川の底から砂を取っている様子。
取った砂はセメントと混ぜて、家などを作るのに使う。

砂をとる.JPG

川辺にあるフォレサクレ(聖なる森)。
人は入ることができるが、木などを切ることは禁止されている。

フォレサクレ.JPG

ベナンにはガンビエという水上集落があり有名だが、川辺の村は雨期になると川の水位が上がるため、季節によって水上集落となる。

川辺の村.JPG

川を上っていくとすぐに川辺で生活する人々の様子を見ることができる。
洗濯をする子どもたち。

川辺で洗濯.JPG

水浴びをする人たち。

川辺で水浴び.JPG

もちろんトイレも・・・。

川辺でトイレ.JPG

網を使って漁をする子どもたち。

川辺で漁.JPG

本当に川に密着した生活で、何でもそこで行う様子は、インドのヒンズー教の聖地となっているガンジス河を思い出す。(さすがにここでは死体は流さないだろうが。)

そしてこのあたりは何とマナティの生息地となっている。
しかし昔からよく狩猟され食べられていたため数が減っていて、現在は保護され捕るのが禁止されている。
これはその保護を訴える看板。

マナティ保護.JPG

しかしながら実際は今でも食べられているらしく、それがかなり美味いらしい。
ガイドに、「食べたい!」と言ったところ、「お前を捕まえるぞ!」と冗談で言われてしまった。
そう、この人は環境保護のNGOの人だった・・・。
でももし今度マナティが捕れたときは連絡をしてくれると約束。
果たしてあと2ヶ月でその機会は巡ってくるだろうか!?

そしてしばらく川を上って上陸したら見慣れた光景が。

見慣れた光景.JPG

そう、ここは隣任地のダンボというところからピログ(小舟)に乗って行くことができる水上集落だったのだ。
結構上がってきたかと思っていた、くねくねと進んでいるため思ったよりも上がっていなかった。

走る子どもたち。
こんなに走ることができるのは陸地がある乾季だけ。

走れるうちに走れ!.JPG

そしてこの地をあとにし、再び川を下って行った。
今回もたくさんの人たちとの出会いがあった。

赤ちゃんを水辺で洗ってあげるママ。

赤ちゃんの水浴び.JPG

船を押してくれるのを手伝ってくれた子どもたち。

川辺の子供たち.JPG


こんなベナンの人々との出会いのチャンスがあるのもあとたったの2ヶ月・・・。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

懐中電灯作り

実験指導書の仕事が終わった後、ムッシュAの授業を見学に。
今日は懐中電灯づくりをするらしい。
他の先生は面倒くさくてやらないところを、ムッシュAはしっかりやるのです。

ただベナンには物が少ないので身近にあるもので代用しなければなりません。
でも子どもたちは慣れているのかそれがとても上手。

これはホースを懐中電灯の本体として作成中。

ホースを利用.JPG

これは空き缶を丸めて作成中。

空き缶を利用.JPG

評価にも入るせいか、生徒たちも一生懸命。

みんな一生懸命.JPG

ただ始める前にムッシュAが評価基準をしっかり言ったにもかかわらず、できていない生徒が多い・・・。

評価.JPG


これはホースで本体を、そしてスイッチは家にあるものを分解してつけたもの。
ただ反射鏡を付けていなかったので減点・・・。

自信作?1.JPG

これは段ボールで本体を、スイッチはアルミ缶、そして頭の部分はペットボトルの頭を利用。
ナイスアイデアだがこれも反射鏡を付けていなかったので減点・・・。

自信作?2.JPG

みんなアイデアはいいのだが詰めが甘いのがベナンの生徒・・・。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

キリスト教の洗礼&ヴードゥー教の日

まずはキリスト教編。
今日の主役はアメン君。
友達(正式には友達の彼女の妹)の子どもです。

アメン.JPG

どうして主役なのかというと、今日はキリスト教の洗礼の日。
子どもたちが洗礼を受けて、正真正銘のキリスト教徒になる日です。
みんなが待っている教会に、神父さんを先頭に入場します。

神父さん.JPG

友達とアメン君。

母と.JPG

友達の兄と。

おじと.JPG

洗礼の内容はというと、まず神父さんに聖水を頭にかけられ、

水をかけられる.JPG

頭に何かを十字につけられ、

頭につける.JPG

そこに十字架の影が入った布をかぶせる。

布をかぶせる.JPG

大体こんな感じでした。
ただ、こんな大事な日なのにアメン君はぐっすりとお休み。

眠るアメン.JPG

こうして正真正銘のキリスト教徒になったのでした。
(ちなみにアメンの名前の由来は、キリスト教で使う「アーメン」という言葉です)

参加した一家と。

一家と.JPG


そしてここからはヴードゥー教編。
今日は土着の宗教ヴードゥー教の祝日の日でもあります。
今年はちょうど日曜日に重なりましたが、平日だとしても仕事などは休みになります。
ポルトノボでもフェット(祭り)をしていたので、違う友達と見に行ってきました。

写真を撮ろうとすると、ベナン人が寄ってきて、「お金を払ったのか?2000フラン(約400円)払え!」と言ってくるのですが、ベナン人の友達と一緒に行っていたために、交渉をしてくれて、全て無料で、テレビ局のカメラマンと同じような位置から撮影することができました。

この人たちはヴードゥーの偉いさん。
真ん中に座っているのはポルトノボのあるウェメ・プラトー県のヴードゥーの長。

偉いさん.JPG

その前にはヴードゥーの祀りものが。

祀りもの.JPG

しばらく待っていると、偉いさんたちがあいさつをし、セレモニーが始まりました。

まず、盛ってある土に、水やジュースやビールなどを与え、

飲み物を土に.BMP

コラの実を使って占いをします。
その結果の出た様子を見て、周りの群衆からは歓声が。

コラの実での占い.BMP

その後隣につながれていたムトン(羊)にヴードゥーでよく使われる黄色い粉を食べさせ、

食べさせる.BMP

すぐに絞めて、血をさっきの盛った土にかけ、さらに入れ物に血をためます。

血をためる.BMP

すぐに2頭目のムトンも絞められ、ヴードゥーの祀りものに血を直接かけます。

直接かける.BMP

さらにボトルの様なものにも血をかけ、

ボトルにかける.BMP

そのボトルには酒を入れ、

酒を入れる.BMP

偉いさんたちが飲んでいました。

入れ物にためた血も、手で丁寧に祀りものにかけます。

血をかける.BMP

そういったセレモニー終了後は、各ヴードゥーの団体がダンス。
何やら重いものを背負って踊る!

踊る.JPG

子どもも踊る!

子どもも踊る.JPG

女性の偉いさんも踊る!

女性の偉いさん.JPG

老若男女踊る!

老若男女.JPG

今回は各団体の踊りということで、ザンベトやエググンといったヴードゥーの有名なもの(死者の魂が中に入っているとされている)はありませんでした。

終了後帰って友達と話をしていたら、いろんな話を聞くことができました。

友達「日本にもこういうセレモニーがあるか?」
自分「いや、ヴードゥーはないけど、祭りはあるよ。日本では古くから色々なものを神としてとらえているんだ。」
友達「それはヴートゥーでも同じだ。土の神、鉄の神、水の神、雷の神とかね。そしてヴードゥーでしっかり守ってもらわないと、死んでしまうんだ!俺の腹を見てくれ!この傷は雷の神から守るやつ、これは○○の神から守るやつ、・・・。傷をつけて、粉をすりこむんだ。」
自分「それをやってなかったら本当に死ぬの?俺はやってないよ。」
友達「お前は大丈夫だ。ターゲットになるのはまずは同じ地域集団内でやっていない人だから。」
自分「ふーん、それはグリグリ(黒魔術)ってこと?」
友達「そうだ!グリグリをする秘密結社は本当に恐ろしいんだ。殺されてしまう。」
自分「今もそんなことあるの?」
友達「ある。でもキリスト教が入ってきて減ったかな。昔は子どもは秘密結社が怖くて、夜7時以降外に出ることなんてできなかった。今でも時々夜中の3時頃に出るらしいけど、家よりも大きな大男が現れて殺されることもあるんだ!」
自分「じゃあ、ヴードゥーとキリストどっちがいいの?」
友達「それはヴードゥーだ!だって夜の危険から守ってくれるから。でも秘密結社は悪いことをするだけじゃない。例えばずっと妊娠できなかった人が、ムトンなどを持ってお願いしに行って、グリグリをしてもらうと、妊娠するんだ。」
自分(じゃあ今日のムトンの生け贄もそういった意味合いがあったのかな!?)
友達「黒魔術は本当に恐ろしいぞ !本で読んだんだけど、紅海で飛行機が落ちたり、船が沈んだりするのは、黒魔術が原因らしい・・・。」
自分「えっー!(と驚いているふり)」
友達「黒魔術は本当に恐ろしい 。ベナンは世界で2番目に黒魔術がすごい国だ!」
自分「えっ、2番目?1番はどこ?」
友達「インドだ!あそこの国の黒魔術は恐ろしい!」
(本当か?誰か知っている人いたら教えてください。)

とこんな感じで真剣な会話が進んでいったわけです。
ベナンでは「自分はヴードゥー教徒です。」という人とはほとんど出会わないのですが、ほとんどみんながヴードゥー関係のグリグリ(黒魔術)は信じています。


とこんな感じで、今日はこんな宗教色の強い1日でした。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

指導書の行方

指導書作成のためにいつものように学校へ行くとある先生が声をかけてきた。

先生「ここで教えているのか?」
自分「いや、ムッシュAと一緒に実験指導書を作成しているんです。」
先生「指導書ってどんなやつ?」
自分「実験器具のない学校でもできるような、身の回りにあるものを利用した実験です。」
先生「そりゃいい!いつやってるんだ?」
自分「火曜日と木曜日です。」
先生「そうかー、ちょっといけないなー。俺はジャッセン中学校でも教えてるからそっちでもやってくれ!すごく興味がある!」

現在身の回りにあるものを利用した実験指導書を作成しているが、いくら実験器具がなくてもできるといっても、結局作ったり、それを授業に取り入れたりするのは先生。
だから指導書ができたからといって、すぐに実験をする先生が増えるかといったらそんなに甘くない。
結局は先生のモチベーション次第で、モチベーションの高い先生たちはすでに何かしらの工夫をしている。(ものすごく少数だが・・・)
でも指導書を作成することによって、モチベーションは高いがやり方が分からない先生、もしくは他の先生でも、「ちょっとやってみようかな。」と思わせることができたら成功である。

しかし残念ながら残りの任期を考えると、指導書を完成させて印刷・製本するのが精一杯で、自分自身で配布・研修をすることができない。
だからその仕事は後から来る隊員に託すとして、何とかして指導書を完成させなければ!
帰国までの予定を立ててみたら、本当に時間がなくて厳しいということが分かった・・・。
posted by 赤石 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。